“車好き” の横山 剣、鈴木正文が大喜びの絶版車とは?

レギュラー番組への道「さがせ!幻の絶版車」

(1)「マツダライトバス」
5月28日(金)[BSプレミアム][BS4K]後11:15〜11:44
(2)「スズキフロンテ800」
6月4日(金)[BSプレミアム][BS4K]後11:15〜11:44

日本車・外車を含め、1000車種は超えるという「絶版車」。
5月28日、6月4日放送の「レギュラー番組への道 さがせ!幻の絶版車」では、旧車マニアもうなる、“幻”の「絶版車」を探し求めます!
東京オリンピックが開催された翌年に発売された、宇宙船のようなフォルムの「マツダライトバス」、そして、わずか2700台ほどしか生産されなかった激レア中の激レア車「スズキフロンテ800」を徹底調査!
番組に出演するのは、“車好き”の横山 剣さん(クレイジーケンバンド)と鈴木正文さん(雑誌編集長)。果たして二人の前に今なお動く“幻の絶版車”が姿を現すのか?

番組制作のきっかけを、「自動車業界ではEV(電気自動車)化が進み、業界の構造が変わりつつあるタイミングに、戦後の日本を支えてきた自動車にもう一度スポットを当てたい」と語る永井宏明プロデューサーに、見どころなどを聞きました。

探し求めるのは、マニアもうなる絶版車!

番組で紹介するのは1965年に誕生した2台!

「マツダライトバス」
宇宙船を思わせる近未来デザイン。フロントウインドーが曲面になっているのが特徴!

「スズキフロンテ800」
スズキ初の普通乗用車。旧車マニアも「実物を見たことがない」と語る、まさに“幻の絶版車”!

「“レアなところに目をつけている”と車好きの方から言われる2台」と永井さんは語ります。

永井P

車種選びのポイントは3つです。
・簡単にたどりつけない車種
・「形」が人をきつける車種
・誕生した時代背景に特徴的な理由がある車種

「さがせ!幻の絶版車」というタイトル通り、ネットで検索してすぐ出てきてしまう車種は避け、スタッフ自ら、あえて足かせをはめるような車種選びをしています。その分苦労もありますが、目的の車にたどりつくまでの道のりを視聴者の方にも一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

また、今回ご紹介する車の特徴的な形には、設計者が誰も想像がつかないような斬新なものを作ろうとしていた姿勢や、発売した当時の未来に向けたエネルギーのようなものも感じられると思います。

歴代オーナーさんの人生が見えてくる!

絶版車探しを進めると、代々受け継がれてきたルーツや、持ち主それぞれの知られざる物語が見えてきました。

永井P

探していくうちに、代々いろんな方の手に渡っていることがわかってきました。車って家族の記念写真に一緒に写っていたりしますよね。それを見ることでこれまでの思い出が一瞬にしてよみがえる力を車は持っていると思うんです。だからこそ、「あのとき家族旅行に行ったね」とか、持ち主のさまざまな歴史の一部を番組では紹介しています。
「マツダライトバス」では、前のオーナーの方に「今どうなっているか見てみたいですか?」と伺うと、とてもご興味を持っていただいたので、現オーナーさんと前オーナーさんが対面する場面も実現しました!

走る絶版車が見たい!

数少ない絶版車を見つけるだけでなく、実際に走る姿までをとらえることがこの番組のだいご味のひとつ!

永井P

修理部品も絶版になるなかで走る様子を見て、横山さんと鈴木さんはじめ、みなさんが喜ぶ姿をどうしても撮りたいと思い、実際に走れる車探しにもこだわりました。みなさん、想像以上に大喜びで、すごく楽しい収録でしたね。

“車好き”の楽しみ方とは?

横山 剣さんは、これまで乗り換えてきた車の数からしても生っ粋のカーマニアといわれ、鈴木正文さんは、自動車雑誌の編集長を長年続けてきました。絶版車を前にした、“車好き”のお二人だからこそのリアクションもこの番組の見どころです!

絶版車に対面したお二人。デザインやエンブレムをじっくり眺めたあと、そろって車体の下をのぞき込む。

永井P

古い車って、ボディーの塗装だけきれいにしていても裏(底)を見るとサビが出ていたりとかするんですよ。本当にいい状態かどうかは裏を見ればわかるので、車好きの方はついクセで裏を見ちゃうんですよ。お二人ならではの視点やコメントも楽しんでほしいですね。

マツダライトバスに対面した二人は…

横山さん
昭和の空気感が、日差しまでが、当時のクーラーのいらない時代の夏みたいなそういう感じが残っていて、でも近未来な気分もあるし、不思議な気持ちになりました。

鈴木さん
乗り心地がいいじゃないですか。角がない。揺れ方の周波数にピーとこない。

永井P

鈴木さんは知識量がすばらしく、番組で紹介する絶版車について、“海外のある車種の形に似ているけれども、それが発売されるよりも(番組で取り上げる車種のほうが)早めに誕生しているから先進性がある”など、その価値を鈴木さんの言葉でより高めてくれました。
横山さんもアメリカやヨーロッパなどの海外の車から日本の車まで好みが非常に幅広いため、短い言葉で的確に感想や説明をしていただき、お二人の知識量と情熱には非常に感激しました。
この番組を通して、時代を超えて文化やそのものが持つ価値が継承されていくことのすばらしさを改めて感じました。車に興味がない方でも「こんな車があったんだ」と、歴史にふれるだけでもおもしろさを感じる番組になっていますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

時を超え、受け継がれてきた絶版車の物語と、貴重な走る姿をお見逃しなく〜!

レギュラー番組への道「さがせ!幻の絶版車」

【放送予定】

(1)「マツダライトバス」
5月28日(金)[BSプレミアム][BS4K]後11:15〜11:44

(2)「スズキフロンテ800」
6月4日(金)[BSプレミアム][BS4K]後11:15〜11:44

▶︎ 番組ホームページ

その他の注目記事