新たな出演者発表 ~ヒロイン・暢子が沖縄で出会う人々~

2022年度前期 連続テレビ小説「ちむどんどん」

大好きな人と、おいしいものを食べると、誰でも笑顔になる──

沖縄が本土復帰50年を迎える2022年。連続テレビ小説 第106作「ちむどんどん」は、沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たち家族を描きます。

ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)は四兄妹の次女。沖縄の本土復帰とともに上京し、西洋料理のシェフを目指し修業をしながら青春を送ります。
遠く離れても家族と絆をつなぎ、大人への階段をのぼる中で故郷の料理を見直し、やがては東京で沖縄料理の店を開くため奮闘──。
沖縄四兄妹の50年の歩みを見つめる、笑って泣ける朗らかな、美しい家族とふるさとの物語です。

新たな出演者11名が決まりましたので、お知らせいたします。
今回の出演者の方々の役柄は、「ヒロイン・暢子が沖縄で出会う人々」です。

黒島結菜 ※既発表

ヒロイン・比嘉暢子(ひが・のぶこ)

復帰前の沖縄、自然豊かな本島北部のやんばる地方に生まれ育ち、幼いころからおいしいものを食べること、作ることが大好き。明るくのんきな性格。高校卒業とともに故郷を離れ、沖縄出身者が多い横浜市鶴見で暮らし、東京のレストランの厨房ちゅうぼうで働き始める。

【ヒロイン・暢子が沖縄で出会う人々】

宮沢氷魚

東京からやってきた、家族の友人

青柳和彦(あおやぎ・かずひこ)

父親の仕事の都合で、子どものころに暢子たちの暮らす村に滞在。やや繊細なところもあり、当初は沖縄になじめない気持ちで暮らすが、やがて比嘉家の友人となる。
暢子に再会を約束して、東京に帰っていくが、その後、海外留学を経て新聞記者となり、暢子と東京で再会する。

<宮沢氷魚さんコメント>
青柳和彦を演じさせていただくと初めて知ったときに、自分にすごく近いものを感じました。僕は生まれがアメリカで、生後すぐに日本での生活が始まりました。幼少期からインターナショナルスクールに通っていたこともあり、近所の子どもたちや、環境に馴染なじめない経験もあります。新しい環境に馴染む難しさを知っているからこそ和彦の気持ちはとても理解できます。だからこそ自分から何かを発信したいという気持ちもあります。和彦が大人になり新聞記者になったのもそういうおもいがあったからだと感じています。過去の自分、そして成長した僕自身を参考することによって、より和彦という人物に深みを生み出せたらいいなと思っています。

山田裕貴

姉・良子の友人で、教員仲間

石川博夫(いしかわ・ひろお)

暢子の姉・良子(川口春奈)の学生時代からの友人。比嘉家の暮らす村からバスで30分ほどの町で、良子と同じく教員をしている。父も祖父も教員だった。勉強熱心で生真面目な性格で、学生時代に勉強会を催して良子たちと交流していた。良子とどこか男女としてもお互いを意識している関係。

<山田裕貴さんコメント>
親のプレッシャー、これには自分も重ねつつ(笑)
だからこそ、お芝居ではなく役を生きることができると思うし
戦後の60年代、70年代のまだ家柄や、家族の関係に上下がある時代、
その中でどう生き抜いていくかがこの男の見どころなのかと。
人間が生きていく中で
人と人、この関係性に対して、
深く考えられる役になるのかと思います。

前田公輝

連続テレビ小説初出演

兄妹の幼なじみの、村の豆腐店の息子

砂川 智(すながわ・さとる)

暢子たちの暮らす村の豆腐店の息子。四兄妹の幼なじみ。小さな家業を継ぎながらも、いつか自分でもっと大きな商売をしたい、という野望を抱いている。暢子におもいを寄せるが、なかなか気づいてももらえない。

<前田公輝さんコメント>
僕が演じる砂川 智は、「家族のために尽くして働く、恋愛に不器用な男」です。僕自身、いつも家族への感謝を念頭に置いて仕事をしていること、そして恋愛ドラマの経験が多いほうではないことなどもあり、共通点の多い役柄だと感じています。役者として、1人の人物の長い歳月を演じさせていただくというのは初めての経験なので、生き方も恋愛も、智と共に成長していけるよう、役に寄り添いながら奮闘していきたいと思います! まずは、豆腐のことを勉強します!

山路和弘

村で一軒だけの店、共同売店を取りしきる

前田善一(まえだ・ぜんいち)

暢子たちが暮らす村の、ただ一軒の商店である「共同売店」を取りしきる。地域の役員も兼ねており、比嘉家の両親の良き友人でもある。長きにわたって比嘉家を見守っていく。

<山路和弘さんコメント>
「沖縄やんばる地方の前田善一」。これだけで「絶対イイ人」なんだろうなと想像できる。恥ずかしながら、この私、四十何年ほぼ悪役人生。20年程前たった一度、舞台で終戦直後の長崎でキリスト教の布教に携わる正真正銘の善人を演じた折、全く役に近づけずお手上げ。夜中の雨の六本木の路地裏で座り込み、天に向かってつぶやいた。「神よ…」。油汗にじむ恥ずかしい思い出。
折角せっかく与えていただいた善人。「あきさみよー神様、助けてくぃみそーれー!」となりませんよう。脚本も知らぬのに、勝手に善人と決め、おもいをめぐらせています。

片桐はいり

妹・歌子を導く音楽教師

下地響子(しもじ・きょうこ)

暢子たちの高校の音楽教師。音楽を強烈に、こよなく愛している。暢子の妹・歌子(上白石萌歌)の歌の才能を見抜いて、シャイな歌子を強引に指導しようとする。

<片桐はいりさんコメント>
音楽を愛するあまり、時に思いがあふれてとんでもないことになる、という姉妹の高校の音楽教師の役をいただきました。「北風」と「太陽」をいっしょくたにしたような先生にできないかしら、と今は夢想しています。

石丸謙二郎

比嘉家の面倒を見る、暢子の大叔父

比嘉賢吉(ひが・けんきち)

暢子たちの親戚であり、同じ村で暮らすサトウキビ農家。頑固な性格で、暢子たち家族の経済的な心配を常にしている。

<石丸謙二郎さんコメント>
20数年前から、沖縄本島や八重山諸島の島々に毎年通いつめ、海に潜ったり、自転車で島めぐりをしたり、釣りをしたりと、楽しんでいます。サトウキビ刈りの手伝いで、連日汗をかいたこともありました。こんな大変なことをしている方たちのおかげで泡盛がめるのかと、こうべをたれたこともあります。お墓の周りでうたい踊る島人の笑顔が大好きです。きびしい自然と政治のはざまで、明るさだけは失わないシマンチュの誇りが伝えられればと思います。

渡辺大知

暢子の姉に熱く片思いするお坊ちゃん

喜納金吾(きな・きんご)

暢子たちの村の製糖工場の息子。村では有数の裕福な家の跡取りである。暢子の姉・良子(川口春奈)に熱く片思いをしており、ノーガードな求愛を繰り広げる。

<渡辺大知さんコメント>
喜納金吾は明るく優しいムードメーカーで、好きな人へもガンガンアプローチしていく熱い男です。真っぐすぎて「バカだなぁ」と思っちゃうくらいなんですが、なんだか憎めないやつ。自分がもし先輩だったら可愛かわいがりたくなるようなキャラクターにできたらなと思います。今は緊張もありますが、『ちむどんどん』の世界をとことん楽しみたいと思います。

きゃんひとみ

連続テレビ小説初出演

新垣あらかきのおばぁ

暢子たちの村のおばぁ。母の優子を筆頭に比嘉家みんなと親しくしている。

<きゃんひとみさんコメント>
一番喜んでくれたのは、沖縄の母ちゃんでした。この発表があるまで、「本当に大丈夫なの?」と何度も電話が(笑)。「お前の年になってもまだ仕事があるのか」と言っていた父ちゃんが、どんなにか天国で喜んでいるかと。この発表を見て、母ちゃんはカチャーシーを踊っていることでしょう。
女手一つで公設市場で果物を売って家族を養ってきた父ちゃんの母ちゃん(おばぁ)。玄孫やしゃごの面倒までみて101歳で旅立った母ちゃんの母ちゃん(おばぁ)を思い出しながら、大事に新垣のおばぁを演じます!

あめくみちこ

安室あむろのおばぁ

暢子たちの村のおばぁ。母の優子を筆頭に比嘉家みんなと親しくしている。

<あめくみちこさんコメント>
私の父方の祖母ミツおばあさんは、沖縄の興南高校が甲子園で初めてベスト4に進出した年に、テレビ観戦しながら応援に熱中するあまり、なんと倒れて病院に運ばれたことがあるそうです。なんという地元愛!! 勝ち進む興南高校球児の勇姿にミツおばあさんは本当にちむどんどんしたのでしようね~。私にもそのおばぁの熱い血が流れています! 今回沖縄のおばぁの役をいただいたこと、それはもう私にとって運命に違いないのです!

川田広樹

兄妹の青春を見守るサンセットバーガーのマスター

暢子たちの村からバスで30分くらいの町の、若者たちが集うハンバーガーショップのマスター。兄妹たちそれぞれの青春模様を見守る。

<川田広樹さんコメント>
僕たち復帰っ子も来年復帰50年に向けて、活動をしていけたらと考えていたところなので、オファーをいただいたときに運命を感じました! 久しぶりの朝ドラ出演、めちゃめちゃうれしかったです! 復帰50年を盛り上げるために全力で挑みますので、よろしくお願いいたします。

戸次重幸

沖縄を愛する民俗学者

青柳史彦(あおやぎ・ふみひこ)

青柳和彦の父。暢子たちの村に研究旅行のためやってきた民俗学者であり、東京の大学教授。知性的で穏やかな性格で、連れてきた息子の和彦ともども、暢子たち一家の友人となる。

<戸次重幸さんコメント>
民俗学者という役ですが、がさつな性格の私が、繊細であろう学者という人間を表現するということに、役者ならではの楽しみを感じております。

起用にあたって

制作統括・小林大児

主人公・暢子にとって、上京するまでの、ふるさと沖縄での時間はかけがえのないものであり、その時期の思い出が、そのころに食べたおいしいものが、その後の人生を導くといえます。その時期を彩るすばらしい出演者の皆さんを発表でき、ますます、わくわくが、ちむどんどんが止まりません! 放送は来春、ご期待ください!

◆物語

1960年代。まだ沖縄はアメリカ軍の統治下にありました。沖縄本島北部は、「やんばる地方」と呼ばれ、豊かな自然や山林の多い地域。その「やんばる」の、とあるひなびた村に、サトウキビなどの農家を営む比嘉家が暮らしていました。父と母はふたりで一生懸命働き、家計を支えています。長男、長女、次女、三女の四人の子どもたちは、それぞれに個性豊か。けんかしながらも仲良く育っています。ヒロインは次女の暢子。家族でいちばん、食べることが大好きで、おいしいものが大好き。野に山に海に、小学生の暢子にとって「遊ぶ」といえば、「何かを採って食べること」。そして、一度だけ家族そろって町のレストランで食事をしたときに、暢子は生まれて初めての西洋料理に心奪われました。

やがて一家をつらい運命が襲います。優しい父が急逝。残された母は女手一つで働き、経済的に苦しい中で四人の子どもたちを育てます。働く母を支えるために子どもたちはそれぞれに家事を担当。暢子は料理を担います。月日は流れ、高校卒業を迎えた暢子は、「東京に行きたい。西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱きます。折しも1972年、沖縄の本土復帰の年。暢子は家族や兄妹のサポートを得て東京に渡り、念願の有名レストランの厨房で修業をはじめます。職場は東京ですが、下宿先は神奈川県横浜市の鶴見。京浜工業地帯が近い鶴見は、戦前から、働くために海を渡ってきた多くの沖縄出身者が移り住んだ町でした。

暢子は厨房で厳しい修業の歳月を送り、兄妹たちもそれぞれの道を歩み出します。気持ちがすれ違うこともありますが、昔から共に食べてきたふるさとの料理、そして家族の思い出が兄妹の絆をつなぎ、互いに支え合いながら大人になっていきます。

そして暢子はさまざまな人とふれあい、恋をして、料理人として成長するなかで、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と感じはじめ…。

羽原大介さんの脚本による、オリジナル作品です。

連続テレビ小説「ちむどんどん」

【放送予定】2022年 春

【作】羽原大介

【語り】ジョン・カビラ

【制作統括】小林大児、藤並英樹

【プロデューサー】高橋優香子、松田恭典

【広報プロデューサー】川口俊介

【演出】木村隆文、松園武大、中野亮平 ほか

関連記事

その他の注目記事