【コロナ禍でどうしてた?】留学生たちの切実な本音を聞いてみた

太田光のつぶやき英語「留学モヤモヤを吹き飛ばせ!in東京外国語大学」

6月24日(木)[Eテレ]後10:55
▶︎ 番組ホームページ

爆笑問題の太田 光さんと俳優の森川 葵さんがMCを務める「太田光のつぶやき英語」。
話題の「#(ハッシュタグ)」を紹介しながら、専門家と一緒に英語で読み解いていく“英語情報番組”です。

いまSNSで、「#Covidgeneration(コロナの世代)」というハッシュタグが拡散されていることをご存じですか? つぶやきの内容は、新型コロナウイルスの流行で影響されたこと、社会の変化、心のモヤモヤなどさまざまです。

そこで番組では、コロナの世代に当てはまる大学生たちに本音をつぶやいてもらいながら意見交換ができるイベントを開催しました。6月24日(木)の放送に先駆けて、その様子をリポートします。約30名の学生たちが、互いの声を聞きつつ、どんなことを感じ、考えたのでしょうか。

これまでになかった新たな交流が生まれました!

イベントの舞台は、東京・府中にある東京外国語大学。在学中の外国人留学生、留学の予定が中止になった日本人学生、さらには大学の垣根を越えて立教大学(東京・池袋)の学生数名も参加してくれました。※ことし4月に同様のイベントを立教大学で開催

中には、イベント開始の1時間前に集合してくれた韓国人の留学生や、友人と参加してくれたカザフスタン人やブラジル人の学生も。多国籍な学生が続々と集結し、収録が始まる前から交流を深めていました。

驚いたのは、番組プロデューサーが学生のみなさんにあいさつする際、日本人の学生が日本語がまだ分からない留学生のために英語の通訳をかって出てくれたことです。話を聞く学生も大盛り上がり。東京外国語大学ならではの光景が見られました。

マイクを持っている学生が英語通訳をしてくれました!

収録が始まり、みなさんにまずやってもらったのは、コロナ禍での悩みを「#Covidgeneration」のハッシュタグをつけてTwitterでつぶやいてもらうこと。友達と相談したり、黙々とスマホに打ち込んだり…。

みなさんどんなつぶやきをしたのでしょう?

学生の皆さんからはどんなつぶやきがあったかというと…

将来のための勉強ができない

友達とつながりにくい

日本人と会って日本語の勉強がしたい

母国に帰国できない

…など。

切実な悩みが飛び出します。それぞれの学生に、つぶやきについて思いのたけを語っていただきました。
※この様子は、6月24日(木)の放送で!

コロナ禍での悩みを発表した学生に伺ったところ、「この1年こうやって学校の生徒どうしで交流することもなかったから、たくさん話してしまいました」とのこと。この1年抱え込んでいた思いをみんなで共有することに前向きな様子もうかがえました。

また、こんな一幕も。「ポルトガル語を話せる人と交流したい」と話す日本人学生に、「僕たちポルトガル語が話せるよ~」とブラジル人の留学生が手を振ってアピールします。互いにポルトガル語で会話すると、あちこちから拍手が起こりました。こうした新たな交流も生まれ、あたたかいイベントとなりました。

「ポルトガル語が話せるようになりたい」
「僕たちでよければ!」byポルトガル語が話せるブラジル人留学生
会場からはあたたかい拍手が

収録後の感想を聞きました!

収録後、参加した学生のみなさんにイベントの感想を伺いました。みなさんご協力くださりありがとうございました!

左から、武藤珠代さん、TINGさん、Deshaniさん、田村有咲さん

武藤珠代さん ※コロナ前にアメリカ・サンディエゴへ留学

外大生にとって留学ってすごく大きな位置づけだと思うんですね。留学が中止になって溜まっている思いをはらす場がないことが大きな問題だと思っていたので、今日みたいに個人個人の思いをくみ取ろうとしてくれたのがうれしかったです。

CHEN TZU TINGさん(台湾)※去年11月に台湾から留学中

留学で日本に来てもなかなか友達ができなくて寂しく感じている人もいますが、私は日本人の友達を頑張ってつくったので、そんなに寂しさを感じずにいられています。日本のみなさんは優しくて大好きです。

Ranasinghe Kanattage Pavithra Deshaniさん(スリランカ)

私はこれまで、日本に来た留学生だけが新型コロナウイルスのストレスを感じていると思っていたんです。でも日本人も留学ができなくて悲しく思っていることを聞いて、多くの日本の大学生も直面している問題ということが分かりました。コロナは早く終わってほしいです。今はみんなと一緒にできることがあまり多くないけど、将来の幸せのためにできる範囲で頑張ろうと思います。

田村有咲さん ※イギリス留学の予定が中止となり、今春から大学院に進学

私はイギリス留学に本当に本当に行きたくて、学部の4年間はひたすら頑張って協定校の枠を手に入れて、やっと行ける!ってなったときにコロナでダメになってしまいました。去年の今ごろは、「私これからどうなっちゃうんだろう…」と思い悩んでいましたし、その思いを共有できる場もなかったので、今日こうやって少しでもお話しできたことで、いい時間が過ごせたなと思っています。

左から、朱松松さん、キムヨンフンさん

しゅしょうしょうさん(中国/博士課程・国際社会コ-ス)

2018年の3月に日本に来て、ことしで4年目です。ふだんはオンラインと対面授業がありますが、対面といっても10人未満で集まるので、これだけ多くの人と集まったのは本当に久しぶりでした。今後は、ワクチンの供給や医療提携など地域や国どうしが連携し、関係がよくなるんじゃないかと思ってます。人類共通の課題を乗り越えるように、みんなで一緒に頑張っていけたら世界にとって有益かもしれないですよね。

キムヨンフンさん(韓国/修士課程)

私は韓国で仕事もしているので、韓国と日本を移動するたびに毎回2週間ずつ隔離期間が必要なのがつらいです。今日は、半数以上が初めて会った人でしたが、このイベントのおかげで仲よくなった人もいます。みんなとは今後もコンタクトをとっていきたいと思います。

左から、レイリさん、シリンさん、廣瀬 麗さん

カジャロワ レイリさん(トルクメニスタン/修士課程)

今日は緊張しすぎました。何を話したか覚えてないです(笑)。コロナ禍で落ち込んだりすることもありましたが、みなさんの話を聞いて、やっぱり日本でのせっかくの時間をポジティブに過ごして成果が得られるような時間にしたいなと思いました。隣にいるシリンさんとはつきあいが長いのですが、うららさんとは今日仲よくなれました。お互いコロナ禍に負けないで頑張りたいです。

ハイポワシリンさん(トルクメニスタン/修士課程)

いつもネガティブなことを言っちゃうとストレスが溜まってしまい、できるだけストレスという言葉は使わないようにしています。いつかこの状況も終わるだろうし、家族とも会えるだろうし、それを信じて暮らしたいなと思っています。私は人前で話すことが苦手ですけど、今日はみんなに気持ちを伝えられてよかったです。

廣瀬 うららさん(言語文化学部)※ポルトガル語を学んでいる

この集いに参加するまで実は、自分たちから発信することなんてないだろうと勝手に思っていたんです。でも今日は、気持ちを話せたことでたくさんの出会いが生まれて、私にとってはプラスでしかなかったです。ウイルスによって奪われてしまったことはたくさんありますが、マイナス面だけを見ていてもしょうがないので、最近は「コロナだからなんだ、ポジティブにやってやるぞ」という気持ちで過ごしています。

左から、西松 悠さん、Ariadneさん、Matheusさん、Alineさん

西松 悠さん ※同じテーブルのブラジル人留学生たちにポルトガル語で通訳してくれました!

留学が中止になってくやしい思いをしていましたが、同じ思いをしていた人たちが今どんなふうに頑張っているのか、今後どういうことをしたいと思っているかが聞けて、ポジティブになれました。コロナ禍で、同じ境遇の人や留学生と積極的に関わる機会が少なかったので、とてもいい体験ができました。

Ariadneさん(ブラジル)

今日は、みんなが同じくウイルスのせいで苦しい思いをしているのに、それぞれがこんなにも違う体験をしてきたんだということを知ることができてよかったです。

Matheus Mottaさん(ブラジル)

日本の番組に参加するのは初めてでしたが、ほかの留学生の話も共感できて、とても楽しかったです。

Aline Moteiroさん(ブラジル)

みんないろいろな国から来ているので、パンデミックの間にどのように異なる体験をしていたのか、そういう情報をシェアできたのがとてもよかったです。

番組リポーターのXXCLUBは何を思った?

イベントを仕切ってくれたのは、番組リポーターのXXCLUB(チョメチョメクラブ)。現役東京大学大学院生の大島育宙やすおきさんと、明治大学文学部卒業の大谷小判こばんさんは、大学生たちの思いを聞いてどんなことを感じたのでしょうか。

XXCLUB/大谷小判さん(左)、大島育宙さん(右)

大島:みなさんの話を聞いていて印象的だったのは、15コマ中1コマしか対面授業がないことや、キューバに留学をして野球をしたかった話、競技ダンスもマスクをしないといけないといった話は、なかなか聞く機会がないので、みんながみんな振り回されているんだということがリアルに感じられました。

大谷:それでも、コロナ禍で落ち込んでいるというよりこの状況だからできることを模索している様子は、僕らもパワーをもらえましたね。それと、みんなもじもじしたりしないで自分の意見を言いたい、分かり合いたいという意識の高さも感じましたね。

大島:僕らの日本語が伝わらないときも同じ席の学生どうしでフォローしてくれたりね。

大谷:積極的にコミュニケーションをとっていて頼もしかったです。

大島:僕らは、学生の大会で勝つ、という方法で今の事務所に見つけてもらえたんですね。去年はその大会もなく、同じ考えを持つ学生にはチャンスもなかったんです。今日も、留学に行くために4~5年頑張ってきたという生徒もいて、そういった意見は真摯しんしに受け止めたいなと思いました。

大谷:その中で、みなさん次のステップを見出みいだしているんですよね。ただ悲観的になっているだけじゃなくて。

大島:番組を見て、あれから1年がたったんだなとも感じると思います。

大谷:僕ら的には、外大を取り入れた漫才も前説でやったのでそこは注目ですね。

大島:番組の注目ポイントそこじゃないのよ(笑)。でも本当に、学生のみなさんが協力的でとても助かりました。みなさんの思いももちろん注目ですが、有志でこんなに集まってくれるんだという主体性も見てほしいですね。

学生たちの“リアルな今の気持ち”をぜひご覧ください!

太田光のつぶやき英語「留学モヤモヤを吹き飛ばせ!in東京外国語大学」

【放送予定】6月24日(木)[Eテレ]後10:55

▶︎ 番組ホームページ

その他の注目記事