入道雲と積乱雲、国際宇宙ステーションから見たらどんな違いがあるの?

見逃し番組日記 その126 ②

放送後1週間、「NHKプラス」で見られるオススメ番組を紹介します!

8Kアースウォッチャー「白い雲の惑星」〔29分〕
※この番組の配信は終了しました

※7月25日(日)に総合テレビで放送した番組です

天気の急変や季節の移り変わりを教えてくれる「雲」。地球の3分の2は、雲に覆われているって、知っていましたか? 今回はそんな「雲」を国際宇宙ステーションから8K映像で撮影、雲研究者の荒木健太郎さんが解説してくれました。

いろいろな雲を上空から見ているだけでもおもしろいのですが、私が特に興味をひかれたのが、夏の気分を盛り上げる入道雲についての解説でした。入道雲と積乱雲=かなとこ雲は、上空から見るとこんな違いがあるんです!

上空から見てもモコモコしている入道雲に対して、積乱雲は上空から見ると平らなんですね! 荒木さんが教えてくれた積乱雲が発達して、しぼんでいくまでの過程のお話も、とってもわかりやすい!

雷を運んでくる積乱雲。きちんと見分けられるようにしておけば、突然の雨や雷を回避することもできそうです♪



関連記事

その他の注目記事