クイズプレーヤー・伊沢拓司も舌を巻く、Z世代のすごさとは!?

モンモンZ

8月12日、19日(木)[Eテレ]後7:15

90年代中盤以降に生まれ「Z世代」と呼ばれる若者たちが、人知れず心に抱えているさまざまな悩み…。「モンモンZ」は、そんな“モンモン”について、全国からリモートで集まったZ世代の若者たちが熱く語り合う番組。東大卒のクイズプレーヤー・伊沢拓司さんをMCに、簡単には答えが出せない難問の解決のヒントを探っていきます。

今回は、番組の見どころを紹介するとともに、収録を終えたばかりのMC・伊沢拓司さんにインタビュー! 収録の感想をお聞きしました!

Z世代の若者が白熱クロストーク!

8月12日放送回で討論されるテーマは、「人間関係って複雑過ぎない?」。「過去のトラウマから、人のことが信じられなくなった」という女性の“モンモン”について、Z世代の若者たちがそれぞれに意見を述べていきます。簡単に答えを出せない難問だからこそ、意見は人それぞれ。皆、みずからの経験を踏まえながら、自分の意見を率直に伝えていきます。「友達から相談を受けたとき、どこまで自分の心を開けばいい?」「親友は あえて作らないほうがよくない?」など、さまざまな切り口で意見交換が進む中で、伊沢さんが「自分が社長なのに、会社の中で孤立しているような気がして…」とみずからの“モンモン”を吐露する場面も…!?

8月19日放送回で討論されるテーマは、「夢に保険をかけるべき?」。未来へ羽ばたこうとするZ世代ならではの“モンモン”です。トークに参加するのは、俳優の道を志すか就職するかで悩む大学生、アルバイトで収入を得ながらヘアメイクの道を志す学生、バイトを掛け持ちしながら舞台俳優を目指すフリーターなど、夢を追いかける5人の若者たち。和やかな会話は、やがて白熱したディスカッションに! 「就職しても夢を追うことはできるのでは?」「みんなは将来の不安にどう向き合っているの?」という話にまで展開します。熱くトークする5人に刺激を受けて、伊沢さんが「夢に破れたときに感じたことは…」と自分のほろ苦い過去を振り返る場面も。

「Z世代の彼らに感心させられっぱなしでした」(伊沢拓司)

今回の収録で「多くのことを勉強させてもらった」と語る伊沢さんに、収録の感想をお聞きしました。

──MCとして意識されたことは?

僕自身、Z世代より少し上の“ミレニアル世代”ではありますが、まだまだ悩みの中にいる身です。そういう意味では、“モンモン”を抱える当事者として、自分の悩みも持ち寄るような姿勢で収録に臨みました。とはいえ、Z世代が僕の意見に流されてしまうこともあるかもしれない。それを避けるため、あまり強く意見を言うのは控えようと意識していたんです。ところが、結果的にそれは完全に僕の見誤りでしたね。想像以上に、彼らはしっかりと自分の意見を持っているんです。よくぞまあ、あんなに的確に意見を言えるなあと感心させられっぱなしでした。

──Z世代にどんなイメージを持っていましたか?

僕たちミレニアル世代と比べたときZ世代は、より他人に流されないよう、それぞれ確固たる意見を持っていて、ものの良し悪しをそのバックグラウンドに関わらず判断できる世代というイメージです。特に、自分の良し悪しの判断に一切妥協しないという一面は、今回も収録を通してすごく感じました。いやぁ、すごい。われわれ世代も負けてられないですね。

──特に印象に残ったエピソードは?

興味深かったのは、「夢に保険をかけるべきか」というテーマのとき、議題の切り分け方ごとに彼らの立ち位置が変化していったところです。「保険をかけるべきvs.かけないべき」という対立軸で討論していた2グループが、「バイトをするべきvs.しないべき」という対立軸では全くバラバラになる、つまり同じメンバーで固まることがないんです。彼らは、他人の意見に流されることなく、その場その場でトークテーマと向き合っているんですね。本来こうした思考力に若さは関係ないけれど、それでも経験値が限られる中でよくぞフラットに臨んでくれたなという感覚でした。それと「保険をかけなければいけない」といちばん主張する子が、実は夢への思いがいちばん強かったという部分もおもしろかったですね。

──クロストークで“モンモン”の解決策を見いだすという番組のテーマについては?

とてもチャレンジングな番組ですよね。特に、人間関係についての“モンモン”って、何が正しいかはっきり言い切れる問題ではありません。そこで、あえて彼らに意見を言ってもらおうとするんですから。現代は、いろんな立場が入り乱れていて、意見を表明するだけでどこかから石が飛んできてもおかしくない世の中です。そんな中、テレビという公の場で自分の意見を表明するわけですから、彼らはきっと、“モンモン”について考えに考え抜いて収録に臨んでいるはずです。リスクがある中で、極論に走ることも、レッテル張りで思考停止することもなく、互いを尊重して思いをぶつけていた。人に見られている中で真剣になることはともて怖いことですから、そこまで身を投じてくれた彼らに感謝したいし、この場を与えてくれたこの番組にも感謝したいですね。

──視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

番組では、向き合いたくないようなテーマをあえて扱っているので、見るのがつらいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ぜひ誰かと一緒に見て、そして感想を言い合ってほしいです。今回登場してくれた若者たちの置かれた立場を想像しながら、一緒にエンターテインメントに参画してもらえたらうれしいですね。

Z世代の若者たちとともに、アナタも“モンモン”について考えてみませんか?

「モンモンZ」

【放送予定】
8月12日、19日(木)[Eテレ]後7:15


★こちらの番組もオススメです★

Zの選択「#なやみ相談やってます」

【放送予定】
8月13日(金)[Eテレ]後10:30
(再放送:8月18日(水)[Eテレ]前10:25)

人気ユーチューバー“そわんわん”こと曽和美佑(22)の元には、毎日100件以上の悩み相談が届く。コンプレックスのことは考えない! 自分を大切に! という生き方が、みんなのあこがれ。でも実は最近…。

横山幸太(21)は、タロット占いで学生の無料悩み相談をしている大学4年生。タロットの結果に間違いはないと信じて、悪い結果でもハッキリと伝えてる。でも実は最近、自分を占うのが怖い。大学院か就職か悩んでいて…。

その他の注目記事