朗読×アニメ×ドラマ 妖しい恐怖の世界、ひと夏の冒険

怖い絵本 season3

8月18日(水)[Eテレ]後10:00~10:30(3本一挙放送)

怖い、見たくない、でもちょっとだけならのぞいてみたい! 私たちの心をつかんで離さない怪奇の世界。

第一線で活躍する人気作家が、独創的な画家やイラストレーターとタッグを組んで、身近に潜む恐ろしい話や不思議な話を書き下ろした絵本が、最近、老若男女を問わず大人気です。「怖い絵本」は、そうした絵本を今注目の若手俳優が朗読、さらに短いホラードラマを通じて、視聴者を恐ろしくもどこか懐かしい世界へといざなう番組です。2020年11月にシーズン1、21年3月にシーズン2が放送され、わずか10分でゾッとする恐怖体験が楽しめるとSNSでも話題となりました。今回の新作3作には俳優の上白石萌歌さん、三吉彩花さん、そしてシリーズ初めて、男性の俳優として鈴木 福さんも参加。日本伝承の妖怪の物語なども登場し、真夏の夜、奇妙な恐怖世界へと皆さんをお連れします。

1話10分 3本一挙放送

『くうきにんげん』
作:綾辻行人 絵:牧野千穂

【出演・朗読】三吉彩花

『とうふこぞう』
作:京極夏彦 絵:石黒亜矢子

【出演・朗読】鈴木 福

『ざしきわらし』
原作:柳田国男 文:京極夏彦
絵:町田尚子

【出演・朗読】上白石萌歌

『くうきにんげん』

誰にも気づかれず、世界中にたくさんいるという、目に見えない魔物、くうきにんげん。普通の人間に襲いかかって、空気に変えてしまうという。今あなたの背後にもくうきにんげんが忍び寄っている! そう、本の中の主人公は、実は絵本を読んでいる読者自身だったのだ?!

くうきにんげんをしってるかい?/しってるかい?/だれもきづいていないけれど、このよにはくうきにんげんがいるのさ。/くうきにんげんはだれにもみえないてをのばして、きみのからだにさわるんだ。

三吉彩花さん コメント

また一つ、とてもすてきな経験をすてきな方々とさせていただきました。私は自分の声にネガティブな印象を持ったりポジティブな印象を持ったりします。表現者として皆様の元に届けるとき、いつか声の表現もしてみたいという気持ちがありました。それがこの作品でかなうことをとてもうれしく思います。ぜひ楽しんで、そして怖がってくださいね。

『とうふこぞう』

想像力がたくましく、身の回りのあらゆるものがおばけに見えてしまう男の子。夜がやってくると怖くてたまらない。廊下の壁のシミは人の顔をしているし、扉の下からはなんと目玉がいっぱい入ってきた!そしてとうとう布団の上に何かがのっかった!「こんばんは」「とうふこぞうともうします」あれ、なんか怖くないぞ?!

おばけはこわい。/どこにでもはいってくる。どこまでもついてくる。/まどからのぞいてたらどうしよう。へやにはいってきたらどうしよう。/なにかがへやにはいってきたぞ。/「だれ?」「おばけです」

鈴木 福さん コメント

怖い絵本シーズン3に出演させてもらいます。ドラマパートと朗読パート、キャラ作りがすごく大変で、イメージと僕の声とをすり合わせるのに苦労しましたが、スタッフさんが良いと言ってくれたので、できあがりが楽しみです。高校生になってまさかこんなかわいい役をやるなんて思っていなかったので、不思議な気持ちと、自分がちゃんとできているのか心配な部分もあります(笑)。怖いようでホッとするお話がいろいろ見られると思うので、楽しみにしていてください。

『ざしきわらし』

遠野の旧家に伝わる話では、座敷わらしがいる家は栄えるという。山口村の長者・孫左衛門の家には二人の童女の神が住むと伝えられていたが、ある日、彼女たちは、別の家へと移っていってしまった。そのあと孫左衛門の家にはたくさんの蛇が現れ、庭には見慣れないキノコが生え…

家の廊下で、知らない男の子に会った。見たことのない子だった。/座敷わらしだと思った。/あるとき、山口村の男が町へ出かけ、用をすませて村に戻った。/姿のいい娘がふたり、村のほうから歩いてくる。/「おまえたち、どこからきた」

上白石萌歌さん コメント

今回の絵本は絵が美しくて、生き物の目の表情に実写では表現できない不気味さを感じました。伝承に基づいたお話もスリリングで背中に冷たい風が吹くようで、アニメになると、リアルな音も相まってさらにいろいろな恐ろしさが詰まった世界になっています。私も怖い話はもともと好きで、得意というわけではありませんが、好奇心が怖さに勝ってつい読んでしまいます。今回の撮影では、ドラマ仕立ての朗読も、結婚している役も初めてで1日で新しい挑戦をたくさんしました。大人も子どもも身がゾクッと震える体験を楽しんでほしいです。

「怖い絵本 season3」

【放送予定】
8月18日(水)[Eテレ]
後10:00~10:30(3本一挙放送)

<シーズン1、2も再放送!>

8月12日(木)[Eテレ]後10:55
「いるのいないの」(のん)「おろしてください」(コムアイ)

8月17日(火)[Eテレ]前0:25(16日深夜)
「かがみのなか」(趣里)「悪い本」(桜田ひより)

8月18日(水)[Eテレ]前0:25(17日深夜)
「はこ」(中島セナ)「ことりぞ」(松本穂香)

【制作統括】
古屋吉雄、川崎直子、上田勝巳

【演出】
安村栄美

【構成】
倉本美津留、本多アシタ

▶︎ 番組ホームページ

その他の注目記事