あの名曲たちが最新リマスター映像でより情熱的に!

伝説のコンサート 西城秀樹デビュー50年スペシャル

10月2日(土)[BSプレミアム/BS4K]後7:30~10:48

アイドルブーム全盛の1972年にデビューした歌手・西城秀樹さん。その情熱的な歌唱スタイルと激しいパフォーマンスで当時の日本の音楽シーンにかずかずの伝説を残しました。

その“ヒデキ”が1972年3月25日のデビューから50年目を迎えるいま、スペシャル番組「伝説のコンサート 西城秀樹デビュー50年スペシャル」を放送します。

NHKに残る貴重な番組映像や、スタジアムでのワンマンコンサート、あの名作ドラマや、ゆかりの深い関係者のインタビューをまじえながらその歩みをご紹介。伝説の武道館コンサートの模様も4K画質相当の最新リマスター映像でお届けします。

トップスターが駆け抜けた歌手人生

夜7:30からの第1部は、日本のテレビ史に輝く貴重なアーカイブス映像とともに、西城さんのスター人生を振り返ります。

「絶唱型」と呼ばれる情熱的な歌唱スタイルを打ち出し、それまでのアイドルには見られなかった、全身全霊でシャウトする歌い方はもちろん、当時の日本では珍しかった観客とのコール&レスポンスをする様子など、大ヒット曲のかずかずを、NHKのアーカイブス映像をはじめとする貴重な映像でご覧いただきます。

【主な代表曲はこちら!】

■「傷だらけのローラ」
1974年にリリースされた10枚目のシングル。「ちぎれた愛」「愛の十字架」(ともに1973年リリース)に続く「愛」をテーマにした楽曲。曲中の「ローラ、あぁローラ」というセリフとともに、“絶唱型”のパフォーマンスが話題となった。

■「ブルースカイブルー」
1978年にリリースされた26枚目のシングル曲。作詞は阿久 悠、作曲は馬飼野康二という“ゴールデンコンビ”。当時23歳の西城さんがバラードを歌い話題に。後にダイアモンド☆ユカイさん、河村隆一さんなどにもカバーされる。

■「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」
1979年にリリースされた28枚目のシングル曲。「Y」「M」「C」「A」の4文字を両手でつくる観客参加型のパフォーマンスがブームとなった。翌1980年の春には、第52回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも選ばれた。

少年から大人へ、そしてアイドルから希代の表現者へと成長していった西城さんの人生をご堪能あれ!

1985年の伝説の武道館コンサート

夜8:30からの第2部は、1985年に行われたコンサートを4K画質相当の最新リマスター映像でお届けします。

1985年の武道館コンサートは、デビュー以来発表した50枚のシングル全曲を歌唱する演出に挑みました。

圧倒的な存在感でみせる、ポジティブでエネルギーあふれるパフォーマンスと、幅広い世代に愛される親しみやすさを持ち合わせた西城さんの熱いステージは永久保存版です。ぜひお見逃しなく!

~原田秀樹プロデューサーより~

なにをやっても、どう歌っても、ただひたすらに「ヒデキサウンド」。
熱くてエネルギッシュな歌声から生まれる西城秀樹さんの色気は、時代をこえて私たちに伝わってきます。のちに日本のロックの人たちにも影響を与えたそのパフォーマンスは、令和のいま、初めて聴く方々にとっても圧倒的なインパクトがあると思います。
高精細映像にリマスターされた今回の番組でぜひ、“ヒデキ”がトップスターへの階段を駆け上がっていった軌跡を体感してください!

“ヒデキ”をまとめるには短すぎる!? 3時間20分、たっぷり堪能しましょう~!

「伝説のコンサート 西城秀樹デビュー50年スペシャル」

【放送予定】10月2日(土)[BSプレミアム/BS4K]後7:30~10:48

その他の注目記事