後藤剛範さん&横澤夏子さん&成宮 涼さんに、生理について聞いてみた【#生理の話ってしにくい】

生理については「わからない」からあまり触れてこなかった、という後藤剛範さん、生理痛がひどく、鎮痛薬を「ラムネのように」飲んでいたという横澤夏子さん、小さいころから自分の性に疑問を持ち、男性の心を持ちながらも、数年前まで女性として生きていた成宮 涼さん。

まだまだ語られることの少ない「生理」を、雨の日になぞらえて物語る、特集ドラマ「雨の日」(11月3日(水・祝)総合よる10時~)に出演されます。

みなさんに、「生理」や「ジェンダー」について考えていることを聞いてみました。

特集ドラマ「雨の日」

【放送予定】11月3日(水・祝)[総合]後10:00~

グラビア雑誌のカメラマンに抜てきされた主人公・小島ヒカリ(コムアイ)。その勝負の日の朝、雨がPMS(月経前症候群)の症状を悪化させ、体が全く言うことを聞かない!
同じく、女優になる夢へのステップとして初めて巻頭で水着写真を披露するはずだった芹澤あおい(工藤 遥)も、途中で突然生理がきてパニックに。撮影スタッフたちが「珠玉の一枚」を狙う片隅で、人に言えない思いが膨らむ。あおいの心を知ったヒカリは、大胆な賭けに出る!

▶︎ 詳しくはこちら

後藤剛範さんが語る「生理」

後藤剛範さん

(あおいのマネージャー・須藤 勇 役)

あおいが売れるためにはあらゆる努力を惜しまない。若干強めの圧と優しいハートの持ち主。

生理について話題にするのはタブーという意識が結構強いと思うんですよ。自分も例えば女の子から「今日生理なんだ」って聞いたら、あ、そうかと言って、それ以上は追及しないようにするというのが今までずっと続いてますしね。
多分、分からないからだと思うんですよね。分かってたら、どこまで話していいかというのがこっちも分かるんで。そのこと自体を分からないと、なかなか話はできないですね。

■オープンに話せる現場で居心地がよかった

こういう現場でやってると、自分もオープンに話せるようになりがちですよね。今までの自分の感覚や意識が全く別のとこに行く感じなんですかね。すごく楽しかったですし、居心地がよかったです。

ちょうど昨日も、みんなでいろいろな話をしてたんですけど、自分も相手に対して「これ、言わないほうがいいのかな」とか、自分の中ではっきりしてないものを人に伝えるのって、自分はあまりできなくて。
昨日は話をポンって相手に投げることができたんで、すごく居心地がよかったです(笑)。

それは多分、この現場にはそういうふうにフランクに話せる人たちが集まったからなのかなとも思います。メンバーがよかったということでもあるのかな。
恵まれてるというか、集められたんでしょうけど。性に関して、自分はどんどん話せるようになるのは、いいことのほうが多いと思いますけどね。

■悪気がある人は一人もいないドラマ

作品の内容は、ジェンダーっていうテーマですけど、今回は「制作現場」という舞台でもあるので、それは今まさに自分たちがやっている、この話を書いてるんですよね。
一人ひとり全く違う人たちが同じ場所で一つの作品を作るというのが、自分はすごく好きだったので、そこがよかったです。
あとこの作品では、衣装のミヤコさんという人と、プロデューサーの山村さんという大御所の人たちが、今までいろんな経験をしてきている設定なんですけど、そんな2人が自分たちを振り返って、「凝り固まっちゃってるね、うちら」って言うシーンがあって、自分はそこがすごく好きでした。

作品に出てくるキャラクターの中に、悪気がある人は一人もいなくて、みんなよかれと思って振る舞ってるんです。その中での心の交流やそれぞれの中での気づきを受け取ってもらえたらうれしいですね。

横澤夏子さんが語る「生理」

横澤夏子さん

(メイク・中西友美 役)

数々のアイドルを相手に仕事をしてきた、業界通。MIYAKOとよくうわさ話をしている。

女性の生理について、しかたないことだと思っていたものをこうやって大きなテーマとして掲げるということに結構びっくりしました。

セリフでも「男の人に言ってもしょうがないから」みたいなセリフがあるんですけど、いや、本当そのとおりだよなって。
言ったとしてもどうにもならないから、どうすることもできないんだよなって思ってたけど、台本を読み進めると、でも知ってもらうことが大事なんだということを勉強できましたね、この作品を通して。

私自身も、生理のときは鎮痛、腹痛、腰痛が結構ひどいほうだったので、鎮痛薬をラムネ菓子のように飲んで(笑)、病院の先生に怒られるほどでした。
もし収録中に痛くなって頭が回らなくなったらどうしようって怖いから、収録前にドサっと飲んで収録に入って、休憩中にもまた怖いからもう一回飲んで…みたいな。
1日の服用回数は決まってるのに、自己流で鎮痛薬を飲んでたのがよくないんだということに、病院に通うようになって知りましたね。
我慢しないで薬を飲むのはいいことだけど、飲みすぎはよくないんだよって当たり前のことを、20代後半で妊娠や出産を考える時期になってやっと学びました。

■言う選択肢もなかったことの“変化”

芸人の世界はやっぱり男社会で、男性芸人がすごく多いんですけど、私が入ったころにはもう女性の芸人さんも活躍されていて。
でも私が入ったころは若手の劇場で女性の着替える場所が全然なくて、見られてもいい服を中に着て、男性もいっぱいいる大楽屋でコント衣装に着替えるのが当たり前だったんですけど、ここ何年かで、劇場にカーテンレールがつけられて「ここで着替えてください」という場所ができたんですよ。

そのことにすごく感動して、「この若手の劇場でカーテンレールをつけてくれたんですか!」みたいな。いや、お金はたくさんあっただろうに、それまで全然そこに回す発想がなかったのかと冷静に考えるとあきれちゃいますけどね。
それまで、一つしかない女子トイレを取り合いながら順番に着替えていたことを考えると、すごく楽になりました。
それまで、「着替える場所ってどこですか」って聞くのも非常識というか、「え、何言ってるの」みたいな。
「トイレで着替えれば」ってことになるので、そもそも聞かなかったです。きっと誰も言えないというか、言えないんじゃなくて、言わないというか、言う選択肢もない感じでした。

■妊娠を公表できない時期がつらかった

PMSは、薬を飲めば治まるほうだったんで平気でしたけど、妊娠中は「ああ、これどうにもならないんだ」というので初めて壁にぶつかりましたね。
薬も飲めないじゃないですか。だから、このつわりや気持ち悪さ、思うように動かない体とか、無性に腹が立つとか、幸せなことなんですけど、仕事が難しいなって。妊娠前の活動量に比べるとうまくいかないものだなって、痛感しましたね。
妊娠を公表するまでが一番つらい時期でした。ほかの妊婦さんからもよく聞くんですけど、安定期になってやっと言えるというか。
周りに言えたときにはもう安定期だから、つわりも一応治まっているけど、みんなに言うまでが一番つらい時期で、匂いも湯気も気持ち悪いという時期に誰にも言えないのが、つらいなって思います。
だから、そういうときに誰かに何かしてほしいんですけど、それも言えないじゃないですか。なので、ちょっとどこか察してほしいところもあるんですけど、でも大丈夫なのかなとか気遣われるのも嫌で。
いろんな葛藤があってのこういう表情です、みたいな(笑)。何かしてほしいというより、ただ寄り添ってほしいだけというときもありますけど、言えないのが難しかったですね。

■母親業と仕事の両立

出産後の悩みは、スケジュールの組み方ですかね。
子どもを産む前は、事務所から仕事の依頼が来たら、それにすべて行くのが当たり前だと思ってたんですけど、子どもが生まれたら、シッターさんや保育園の時間とか、子どものスケジュールを確認しないといけなくて。
だから事務所には子どものスケジュールも伝えてる状態で、「すみません、この時間だったら行けるんですけど、この時間行けないです」って断ることが出てきました。
自分にとって衝撃です。かつて、仕事がなかった時代は、仕事が欲しくてしようがなかったのに、今や「なに、末端の芸人が断ってるんだ」みたいな(笑)。
子育てもしなきゃいけないからしょうがないんだよなって、難しい状態ですね。そのスケジュールをパズルのように組み合わせていくのに、今もまだ全然慣れていません。

夫は、「母親だから父親だから」っていうのはない、という考えでやってくれていますけど、私のほうが、「手作りのごはんを3歳までに食べさせたらいい子に育つ」とか、育児書には母性神話みたいなのがいろいろ書いてあるので、そういうのを見ると苦しめられるというか。
「もうちょっとごはん手作りでもう一品増やしたほうが、子供は幸せな子になれるのかな」とか。
3歳までの母親の味で味覚が決まるなんて言われちゃうと、「えー、うちの子供めちゃくちゃ納豆の味しか覚えてないんじゃないか」とか(笑)。
あと、母親がめちゃくちゃ仕事してると、「3歳までの時期がいちばん大事なのに、何でそばにいてあげないの」とか、うちの母親がよく言うんですけど、いや、でもずっと一緒にいても、私も頭おかしくなっちゃうし、ちゃんと会うときはしっかり愛情をそそぐっていうルールを自分の中で決めてるんですけど。でも難しいところですね、私が今ぶつかっている壁ですね、本当に。

■5年後、10年後のさらなる変化が楽しみ

女性もすごく発言しやすい立場になったというか、結構意見が通りやすくなったなという感じですね。「レディースデー」とかで得をすることも女性にはあるじゃないですか。そうしたら、男性には「メンズデー」があってもいいんじゃないかなとも思ったり。
それでも世界と比べると、日本は男女平等が百何十位とか聞くと、えっ、そんな低いんだって思いますけど。でも、ここ最近で本当に社会が優しくなりましたよね。
とげとげしくなくなったというか、みんな愛を持って言葉を言おうねみたいな感じにはなりつつあると思いますけどね。
いい変化だと思います。これが5年後、10年後になって今を振り返ると、「いや、2020年ごろってヤバかったよね」ってなると思うんですけど、でも5年後、10年後、またさらに変わってそうなにおいがするというか、それもすごく楽しみです。どんな感じになるのか。

■女性としても察知できるようになりたい

私も男性が生理やPMSの話をしてると、「あ、知ってるんだ」ってちょっと引く部分がまだあるし、姉妹のいる男性だったらしゃべれるけど、女きょうだいがいない人って、どこでそれ学ぶんだろうとか考えると、難しいですよね。
理解していてほしいだけなんで、行動で示すとかすごいことだけど、別に行動で示さなくてもいいっていう女性もいるじゃないですか。
だから、多くを語らなくても、見守ってくれているだけでも理解できていることになるから、周りの雰囲気を見て様子を伺ってくださいってことをお伝えしたいですね。
女性も女性で、まだ対応に慣れてないし、男性から「何をすればいいの?」って聞かれることに抵抗があるというのも分かります。
しかも、顔色に出ない人もいるじゃないですか。だから、とりあえず立ってる女性がいたら、座らせてくださいっていう(笑)。何か察知するものがあったなら、そういう優しさがすごくうれしいですね。
もちろん私も、気づかないことが多いので、様子を伺って察知しなきゃなって、すごく思いますね、女性として。

成宮 亮さんが語る「生理」

成宮 涼さん

(ロケバスの運転手・天野 航 役)

戸籍上は2年くらい前まで女性で、そこで戸籍変更しましたけど、中身としては物心ついたときから何かおかしいなと思ってたんですよね。
女の子としてジャンルされてるけど、何か違うなみたいな。違和感があったのがきっかけですかね。
女性じゃないけど男性とも言えないし、何だろう、よく分かんないなという感じで生きてました(笑)。

■「雨の日」出演を決めた理由と脚本の印象

もともと芸能界には興味あって、いじめを受けたからこそというか、見返したい気持ちもありますけど、今現在いじめを受けていたりLGBTで悩んでいたりする子たちに向けて頑張ってる人もいるよと伝えたいと思ったからですね。

脚本を読んだときにまず感じたのは、本当にキャラクターが自分とそっくりというか。もともと演じる前に取材をしてもらって、それを元にキャラクターを設定してもらったので、演じやすいなんてズブの素人が言うのも恥ずかしいですけど、やりやすいなと思います。
二十何年間は女の子の輪の中にいたからこそ知っている情報というか、女の子の本音というのは知ってはいるんですけど、僕自身が男性に対してそう思うわけじゃないので、知識として知っているという感じですかね。

■小学校の保健体育は男女一緒になってほしい

ナプキンを渡すシーンのときに、須藤 勇さん(後藤剛範さん演じる、芹澤あおいのマネージャー役)が「本当に知らないです」ってなって、プロデューサーの上司の方も「俺も分かんないわ」ってなって(笑)。
まず、ナプキンを下着につけるものだということも最近知ったらしくて「えっ」みたいな。そこも分かんないかあって驚きました。

だから、小学校の保健体育も全員一緒にしちゃえばよかったのにとは思いますけど。
だって、お互いのことを分からなかったら、理解しようがないですよね。最初の保健体育が小学校で、男女分かれて授業しましょうっていうスタイルが、メリットあるのかなと思っちゃいますね。
デメリットのほうが大きいんじゃないかなって。お互いのことを分からないから、男子は「生理なんて知らん」という考えになっちゃうのかなと思います。
多分、分けるから恥ずかしいし、聞きにくいし、聞いちゃいけないかもって思っちゃうじゃないですか。でも、海外とか行ったら、日本よりは普通に話せると思うんですよ。日本の教育が話しにくくしちゃっているのかなと思います。
「生理」って「生理現象」だから、あくびが出るのといっしょだと思うんです。
ほかの生理現象の、眠い・おなら出た・げっぷ出た、と同じように扱われるべき生理現象だと思うんです。ただ、それを話せるかどうかというのは別問題になっちゃっているけど、それは子供のときに感覚を植え付けられたからかなと。

■「LGBT」も小さいころから聞き慣れた言葉にしたい

周りの理解もあるので、100年前よりははるかに言いやすいだろうし、生きやすいと思います。LGBTという言葉も世の中に出てきたじゃないですか。なので、生きやすくなっているかなとは思いますね。
LGBTとか、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーとかが、分かるよって言われるくらいにはなってきているので。
まあ、「分かる」と「理解できる」はまた違うんですけど、聞いたことあるよって言ってもらえると、言いやすいですよね。
「分かる」から「理解できる」に変わるには、それもまた教育の話になっちゃうんですけど、保健体育のなかで違いとかをちゃんと勉強できれば、大人になったときに「知ってる」ってなるはずなんですよね。
義務教育として習っていたら、知らなかったら、「えっ、知らないの」ってなるし。
だから本当に、徳川幕府の将軍とか歴代のアメリカ大統領とかを勉強するのと同じように、LGBT勉強したほうがいいんじゃないかなと思いますね。小さいころから聞き慣れた言葉にしたいなと思いますけどね。
「私には関係ない」「僕には関係ない」のスタンスでいっちゃうと、何も入ってこないと思うので。
だから、大人になってから生理のことを聞いた男性は、「へえ」だけだし(笑)、「そうなんだ」だけだし、逆に女性も、精通のことを聞いても「はあ」とか、局部を打ったときの痛みは分かんないですけど、「へえ」って感じだし。
それを小さいころから聞いて知ってたら「ああ、大変だね」っていう言葉に変わるかもしれないので。
だから、LGBTも小さいころから、クラス替えの自己紹介のときに、「私はレズビアンです」とか言えるくらい、血液型の「A型」とか「O型」とか言うのと同じくらいになると、みんなハッピーじゃないかなって思いますね(笑)。

■「一人じゃないよ」ということを伝えたい

僕がこのドラマに出たいと思ったのは、自分のキャラとか生きざまとか、生きてきたことと似ている感じで役を作っていただいて、いろいろ迷うことってみんなあると思うので、いじめを受けたり、自分にしか分からない悩みがある人たちに向けて、ふさぎ込まずに、自分の生きやすいところに行ってほしいと思ったからです。
必ずしも家族の元にいなきゃいけないわけじゃないし、地元に残らなきゃいけないわけでもないし。たとえば親から「何とかしなさい」とか「女の子らしくしなさい」とか「もっとちゃんとしなさい」とかずっと言われてると、思い込みも生じると思うんですけど、そうじゃなくても、そのままで生きやすい場所が絶対あるので。

関連記事

その他の注目記事