ひとりになりたい、誰とも話したくない、…こんなの私じゃない。【#生理の話ってしにくい】

「#生理の話ってしにくい」…
私は、あまり抵抗がなく、どちらかというとオープンに話せるタイプです。

でも、自分の「生理」にまつわるツラさを周囲に話せなかった時期がありました。

もっと言えば、ツラさの原因が「生理」にあるなんて、まったく気づいていませんでした。

“暗闇”と過ごした大学生活

大学2〜4年ぐらいのころ、
思い返せば、365日のうち300日ぐらい体調が悪かったと思います。本当に。
なんとも形容しがたいのですが、えたいの知れない“暗闇”が訪れ、
自分が自分でなくなるような時期が、ときどきありました。
例えば、こんなふうに。

ある日、起きたとたんに、ひたひたと“暗闇”に包まれる。
体が重いし、ひたすら眠い。あれ、どうやって笑えばいいんだっけ。
気分転換に音楽でも聴こうか。あれ、私って何が好きなんだっけ。
ひとりになりたい、でもひとりはさみしい。
誰とも話したくない、でも誰か助けて。
OK,Google 「楽しくない なぜ」? ねぇ、教えてよ。
でも大学に行かなきゃ。服? メイク? どうでもいいや。


「こちらの生理用品は袋にお入れしますね〜」
あっ袋いりません、ええレジ袋じゃなくて。
その黒い袋のことです、はい。
え、逆にこっちのトイレットペーパーは黒い袋に入れなくていいんですか?
排せつは隠さなくていいのに生理は隠さなきゃいけないんですか?
じゃあいっそ私ごと真っ黒な袋に入れてもらってもいいですか?


店員さんも誰も彼も全員に責められてるみたい、みんなまとめてぶん殴りたい。
やっとの思いで帰宅。あぁ疲れた。
積読してた本が、ふいに崩れて床に散らばる。
ああ何一つうまくいかない好きだったはずの本も読みたくない。
片付けもできてない店員さんは悪くないのに優しくできない食欲もない。
検索しても検索しても答えは出ない。
ぼろぼろ涙があふれて止まらない──。

そんな日が何日か続き、気づくと“暗闇”は消えていました。
毎日楽しくて、音楽にも本にも夢中で、急に怒ったり泣いたりしなくて…
いつもの自分にケロリと戻っているんです。

しかし、何日かたつとまたすぐに“暗闇”がやってきます。
“暗闇”が来ては去り、また来ては去り…を繰り返す日々。
でも、周囲に「ツラい」とは言えませんでした。

「ツラい」と言えなくて

自分で言うのもなんですが、私は穏やかな性格で、感情の起伏もそんなにないタイプです。

それが、このありさまです。

店員さんを殴りたくなるなんてもってのほかだし、
怒ったり泣いたり、ジェットコースターのような感情に振り落とされそうでした。
自分が自分でなくなるようでした。

変わってしまった自分を受け入れられなくて、
「変わってしまった」なんてみんなに思われたくなくて、
周囲にツラさを打ち明けることができませんでした。

これが「PMS(月経前症候群)」であることは、
ずっとあとになってから受診した病院で知りました。
私の場合、さらに「PMDD(月経前不快気分障害)」の疑いもあると医師に告げられました。
生理期間中の身体的な症状は重くないので、“暗闇”が生理と関連しているとは気づきませんでした。自分の体のことなのに…。

あ〜そっか、これはただの症状で、私の人格そのものじゃないんだ。
そう気づいてから、
PMS、生理、そして自分を受け入れ、
生理をコントロールしながら共に生きるようになりました。
例えば月経カップを使ってみたり、ピルを飲んでみたり…。
もちろん今でも“暗闇”はやってくるけど、もう今となっては
「ちょっと! また来たの!? も〜! 今日はあったかくして早く寝るわ!」のテンションでお付き合いしています。

この経験が、いつか仕事に生かせるように

私はいま、NHK沖縄放送局で働いています。
社会人4年目、生理と歩んで約15年目になりました。

業務では、主にイベントを担当しています。
NHKのど自慢」やキャラクターショーなどを通して、
視聴者の皆さんにリアルな体験を届ける仕事です。
最近の業務では、沖縄局キャラクター「さぁたぁちゃん」のお世話係や、
沖縄が舞台の2022年前期連続テレビ小説「ちむどんどん」をもっと盛り上げる企画を考えています。

自分や大切な人の生理に向き合い、体と心を見つめる。
そんなイベントを、いつか届けたいと思っています。
今はまだたどり着けていませんが、いつか、必ず。

かつての私のように、生理がもたらす変化に戸惑い悩むあなたへ。
いまの私のように、生理と毎月闘っているあなたへ。
そして、「#生理の話ってしにくい」なんて思わなくていいように。

そのための小さな小さな第一歩として、
今回、文章をしたためました。
“暗闇”と共に生きるあなたへ、
この記事が届けばうれしいです。

沖縄放送局 イベント担当 矢部ゆりか

▶ ︎#生理の話ってしにくい

関連記事

その他の注目記事