高校生で漫才日本一になった“ふたり”
15年後、“ふたり”の間にあったディスタンスとは?

ふたりのディスタンス

1月8日 (土)[総合]後9:50〜10:20

▶︎ 番組ホームページ

「ふたりのディスタンス」第2弾!
友だちだったあのころに戻りたい…でも戻れない。
ふたりは高校時代、漫才大会で優勝し、鳴り物入りでプロデビュー。
それから15年…。33歳になったふたりのディスタンス。

あなたの大切な人は誰ですか? この番組は、最小の人間関係である『ふたり』の『ディスタンス』を見つめるドキュメンタリー。第2弾で密着したのは、高校時代、漫才大会で日本一になったお笑いコンビ「TEAM BANANA」。それから15年。女性芸人ナンバーワン決定戦「THE W」の決勝に進出したふたりから見えてきたのは“友達以上家族未満”のすてきな関係。笑いあり、涙ありの30分。今だからこそ届けたい“絆”の物語。

主題歌は、米津玄師さんがコロナ禍における音楽家としての回答として作った「カナリヤ」。番組ロゴはスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーによるもの。そしてイラストは、スタジオジブリ作品でもおなじみのアニメーター、近藤勝也さんが手がけます。

<米津玄師さん>
<番組ロゴ>
<新垣結衣さん>

番組の語りは、前回に引き続き新垣結衣さんが担当します。こちらもお楽しみに!

担当ディレクター 東森勇二

コロナ禍で人と人の関係性が問い直されている今こそ、新しいヒューマンドキュメンタリーを作るべきではないか。番組開発の鍵となったのが“ディスタンス”という最近口にすることが多くなった言葉です。一般的には「距離」という訳で使われることが多いですが、「道のり」や(意見や信念の)「溝」という意味も含まれています。
ひと言に夫婦やライバル、コンビといえども距離間や心地いい間合いはそれぞれ。これまでの道のりや対立を超えてつながるふたりの関係性を温かく見守る番組にしていきたいと考えています。
第2弾のテーマは、コンビ愛。去年は特に芸人さんを題材にした映画やドラマ、ドキュメンタリーが話題になった年でしたが、そのどれとも違う読後感を目指して作りました。
第1弾に引き続き、新垣結衣さんのナレーションも番組の見どころです。
収録の際、テストのつもりで録ったものがあまりにもすばらしく、急きょ「これでOKです」とお伝えしたのですが、ご本人から「もう1度いいですか」とのご返答が。
更に磨きがかかった本番、想像を超える表現にスタッフ一同から感嘆のため息が漏れました。ぜひご覧ください。


「ふたりのディスタンス」

【放送予定】
1月8日 (土)[総合]後9:50〜10:20

【出演】
TEAM BANANA、オール巨人、山崎ケイ、ニューヨーク、ヨッシャ比留間

【語り】新垣結衣

【主題歌】米津玄師「カナリヤ」

【番組ロゴ】鈴木敏夫

【イラスト】近藤勝也

▶︎ 番組ホームページ

関連記事

その他の注目記事