6月の注目番組をご紹介!

BS世界のドキュメンタリー

毎週火曜[BS1]前0:00(月曜深夜)
  水曜[BS1]前0:00(火曜深夜)
  木曜[BS1]前0:00(水曜深夜)
再放送 毎週月曜~金曜[BS1]後3:00
※4月から放送時間が変わりました

▶︎ 番組ホームページ

「BS世界のドキュメンタリー」では、海外の優れたドキュメンタリーを厳選して放送しています。

6月に放送する新作ドキュメンタリーの中から、注目作品をご紹介。“ミュージカルの聖地”ブロードウェイの余曲折の半世紀若き世代が暴くイスラエル建国の真実ウォーキングの知られざる効能ノーベル平和賞受賞者の権力との闘い“欧州最後の独裁国家”ベラルーシへの潜入取材など、世界各国からバラエティーに富んだ作品をお届けします。

ブロードウェイ ミュージカルの街の半世紀

On Broadway(アメリカ 2021)

【放送予定】6月9日(木)前0:00 ※水曜深夜
※再放送:未定

“ミュージカルの聖地”ニューヨークのブロードウェイ。アメリカ文化や社会の変化を受け止めながら、新陳代謝を繰り返し、観客動員数を伸ばしてきた。かつてのブロードウェイは、60年代にビートルズなどのポップカルチャーが全盛となると、観客動員数が半減するなど時代の変化に乗り遅れ、廃れた街へと変わってしまった過去を持つ。「時代遅れ」といわれたエンターテインメントの街は、どのように現在の姿へと復活していったのか。数々の名作ミュージカルの映像とヒュー・ジャックマン、ヘレン・ミレンなどの名優たちの証言でつづるブロードウェイの変遷史。

青い募金箱 イスラエル建国の真実

Blue Box(イスラエル 2021)

【放送予定】6月14日(火)前0:00 ※月曜深夜
※再放送:未定

「イスラエルの森の生みの親」として祖国の英雄とたたえられるヨセフ・ワイツ。ロシアに生まれ、迫害を逃れて「約束の地」にたどり着いたヨセフは、ユダヤ人のための居住地確保や荒れ地の植樹事業に奔走した。その子孫のミカル・ワイツは、ヨセフが「森の生みの親」と称賛される一方で「入植計画の設計者」とも呼ばれていたことに違和感を持ち、曽祖父が残した5000ページにのぼる克明な日記を読み返す。するとそこには、学校で教えられてきた美しいイスラエルの歴史とは全く異なる現実と、ヨセフの苦悩が記録されていた。若き女性ディレクターでもあるミカル・ワイツが曽祖父ヨセフの日記と家族の証言を通じ、イスラエル建国時の実像に迫った。

歩行は技術だ! ー酸素取り込み、糖燃焼、代謝活性化ー

Walking- A Cure for Body and Soul(ドイツ 2021)

【放送予定】6月16日(木)前0:00 ※水曜深夜
※再放送:未定

ほとんどの時間を座って過ごす現代人。その生活習慣は、喫煙に次ぐくらい危険だと、研究者たちはいま警告を発する。歩かなければ、人は健康を害する。逆に歩くことで細胞から臓器、免疫システムに至るまで活性化され、健康の扉を開くというのだ。糖尿病患者に対しては、糖分を摂取したあとに20分程度のウォーキングを行うことで血糖値が下がることを実験で証明。心臓の手術後に痛みを伴う後遺症を抱えた女性に対しては、セラピストと会話をしながらウォーキングを行った結果、痛みが徐々に軽減されていったという驚きの実話も紹介。最新の科学研究に基づき、心身を癒やす健康効果をもたらすウォーキングの秘密を探る。

私たちは屈しない マリア・レッサとジャーナリストたち

WE HOLD THE LINE(ドイツ 2020)

【放送予定】6月21日(火)前0:00 ※月曜深夜
※再放送:未定

ドゥテルテ大統領の不都合な真実を暴くネットメディア「ラップラー」を率いて、2021年にノーベル平和賞を受賞したマリア・レッサとその仲間たちの活動を追ったドキュメンタリー。「ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅政策は大量虐殺ではないのか」、「大統領と対立する者が次々と殺されるのはなぜなのか」、こうした疑惑を解明しようと、マリア・レッサ率いるラップラーの記者たちは、薬物使用者の遺族、殺し屋などへの取材を進める。しかし、マリア・レッサが逮捕されるなど、ラップラーが真実に近づけば近づくほど、さまざまな圧力を受けるようになってゆく。ジャーナリストたちは、屈することなく真実に迫ることができるのか。

潜入 ベラルーシ -ウクライナの隣の「独裁政権」-

Inside Belarus: Putin’s Puppet Regime(フランス 2022)

【放送予定】6月30日(木)前0:00 ※水曜深夜
※再放送:未定

欧州最後の独裁国家で“ヨーロッパの北朝鮮”とも呼ばれるベラルーシ。ロシアの後ろ盾を得たルカシェンコ政権が30年続く。反体制派は投獄されるため国民は秘密警察を恐れて暮らし、国外に逃亡した人も多い。2月には憲法改正が可決され、ロシア軍の核配備が可能となった。この国はどこに向かうのか? ウクライナ情勢への影響は? 危険を顧みず観光客を装って潜入したフランスの取材班が、ルカシェンコ大統領による強権統治の実態を明らかにする。

BS世界のドキュメンタリー

毎週火曜[BS1]前0:00(月曜深夜)
  水曜[BS1]前0:00(火曜深夜)
  木曜[BS1]前0:00(水曜深夜)
再放送 毎週月曜~金曜[BS1]後3:00

※4月から放送時間が変わりました

▶︎ 番組ホームページ

関連記事

その他の注目記事