【第3弾】2023年 大河ドラマ「どうする家康」新たな出演者発表!──こんなくせ者が周りにいて“どうする”?「徳川家臣団」

大河ドラマ どうする家康

家臣団の嫌われ者

本多正信

ほんだ・まさのぶ

松山ケンイチ

大久保忠世の紹介で登用されるが、胡散臭うさんくさく、無責任な進言をするイカサマ野郎。常識にとらわれない発想の持ち主で、悪知恵が働き、家康の小さな野心を刺激する。やがて天下取りに欠かせない男となる。

松山ケンイチさんコメント
胡散臭い、無責任、イカサマ、悪知恵が働く…ネガティブな表現のその裏には、ヒトの常識や価値観、生き方まで変える力をはらんでいます。その匂いを家康だけは感じ取り、うまく付き合っている。それが家康のすごさ。その家康の凄さがわかるように精いっぱい胡散臭く、無責任で、悪知恵が働くイカサマ師を遊ぶように演じていけたらと思っています。

事務方トップ

夏目広次

なつめ・ひろつぐ

甲本雅裕

武骨な武将が多い家臣団の中で、家康を実務面で支える事務方の男。いつも目立たず、家康からは名前をなかなか覚えてもらえないが、ここ一番ですごい働きを示し、武田家との大決戦・三方ヶ原の戦いにおける最大の功労者。夏目漱石の先祖ともいわれる。

甲本雅裕さんコメント
久しぶりの大河ドラマ。意気込まずにはいられません! 夏目は事務方で控えめではありますが、まっすぐを絵に描いたような男。家康に対する本物の忠誠心を熱く演じられたらと思っています。

酔いどれサムライ

本多忠真

ほんだ・ただざね

波岡一喜

松平家のために代々身を捧げてきた本多家の武将。叔父として忠勝に武芸を徹底的にたたき込み、最強武士に育てた。昼間から徳利とっくりを片手に酒を飲み、酔っているのか正気なのかわからないが、戦場ではスイッチが入ったように体が動く。

波岡一喜さんコメント
お酒を豪快にむということで、役のイメージがどんどん広がっております。いろんなタイミングで、いろんな飲み方で、いろんな酔い方で、精いっぱい忠真をチャーミングにできたらいいなと考えております。良い意味で遊べる役にできたら最高です。

やりもトークも一級品

渡辺守綱

わたなべ・もりつな

木村 昴

武芸で活躍する家系に生まれ、戦場では先鋒せんぽうをつとめる大男。向こう見ずな性格で、槍をふりまわし、「槍半蔵」とも呼ばれる。ふだんは手よりも口を動かすのが得意なおしゃべり好き、信心深い優しい男でもあり、三河一向一揆では一揆側につき、家康に槍を向ける。

木村 昴さんコメント
真っ先に目に留まったのは「槍もトークも一級品」という一文でした。読めば、手よりも口を動かすのが得意なおしゃべり好きな男ということで、何だか気が合いそうでわくわくしております。一級品とはいかないもののトークに関しては僕も自信がありますが、槍も一級品とのことですから、格好良く扱えるよう稽古に励みたいと思います。

家臣団のマネージャー

登与

とよ

猫背 椿

酒井忠次の妻。家康不在の岡崎城を裏方として支え、切り盛りしてきた。個性的な家臣団を支えるマネージャーのような存在でもあり、夫婦一緒に「えびすくい」を踊るお調子者。瀬名や家康の母・於大と集まっては、他愛たわいもない世間話に花を咲かせる。

猫背 椿さんコメント
家康家臣団のお調子者マネージャーとのことで、大森南朋さん演じる忠次をしっかり支えつつ、でしゃばらない面白おもしろをこっそり目指したいと思います。

忍者一筋 大ベテラン

大鼠

おおねずみ

千葉哲也

服部半蔵につかえる忍者集団のおさ。鼠のようにいつくばり、素早い動きをするので大鼠と呼ばれる。冷静沈着かつプロフェッショナルな老忍者で、ふだんは農業を営み、身を隠す。失敗続きの半蔵のために役に立ちたいと思っており、その焦る気持ちが裏目に出る。

千葉哲也さんコメント
大河ドラマはある独特の雰囲気がありますね。飲み込まれないように緊張感を持っています。服部半蔵の人生のスタートに関われるよう、楽しんでいきたいです。

くのいち七変化

女大鼠

おんなおおねずみ

松本まりか

大鼠の娘で、父を継いで忍者集団を束ねる。体が柔らかいことを生かし、どんな場所にも忍び込み、町娘から遊女、武士までどんな人物も演じきる変装の達人。服部半蔵とタッグを組み、たびたびドジを踏む彼を細やかにフォローする良きパートナーでもある。

松本まりかさんコメント
なんて面白い役をいただけたのでしょう! 七変化のみならず、忍者界のサラブレッド、たいそうエリートだとも伺いました。しかしそんな女大鼠、台本で今のところいっこうにしゃべらないのです。彼女の全貌は謎めいていて未知数…
大河の世界にスパイスとなるような忍者パートを、スタッフキャストの皆さんと作っていけたらと思います。あっ、身体からだが柔らかいのが初めて生かせるかもしれません!

パーフェクトな息子

徳川信康

とくがわ・のぶやす

細田佳央太かなた

幼名・竹千代。三方ヶ原の戦いで家臣の心をつかみ、家康の後継者としての地位を固める。苦労を重ねた両親の姿を幼いころから見ており、父を支え、家族を守り、徳川家のために強く生きようとする、心優しき勇敢な青年。そのまっすぐな気持ちが、危うさでもある。妻は信長の娘・五徳。

細田佳央太さんコメント
大先輩ばかりの恵まれた環境の中でお芝居できることが何よりもうれしいですし、信康の「家族思い」という部分にとてもひかれました。徳川家のために、という彼の考え方こそが危うさをも感じさせるまっすぐさにつながる部分もあると思うので、すごく大切に演じて生きたいです。

制作統括 磯 智明 メッセージ

実は家臣団は一枚岩ではありません。個性豊かでわがままな人たちをどのようにまとめていくか? 家康の人間力が試されていきます。家康は本当に天下をとれるんでしょうか? お楽しみに!

物語

貧しき小国・三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(のちの家康)は戦乱で父を失い、母とも離れ、駿河の大国・今川家のもとで人質として暮らしていた。今川義元に見込まれた元康は不自由ない生活を保障され、十分な教育も受け、やがて今川家重臣・関口氏純の娘・瀬名と恋に落ちる。そんな今川家に染まる姿を、元康に付き添っていた石川数正、鳥居元忠ら三河の者たちは苦々しく思っていた。

ある日、父の墓参りに三河・岡崎を訪れた元康は、そこで父に仕えていた酒井忠次など旧臣たちと再会。彼らが今川家に不満を抱き、松平家再興の思いがくすぶっていることを知る。しかし、義元を慕う家康にとって、彼らの思いは重荷でもあった。

1560年(永禄3年)、今川義元は、織田領である尾張へ進撃する。元康は妻子たちに別れを告げ、織田軍の攻撃を受ける大高城に、兵糧を送り込む任務に就いた。敵方の猛攻をくぐり抜け、大高城にようやくたどりつき、喜んだのもつかの間、桶狭間から衝撃の知らせが届けられる! しかも、大高城に押し寄せるのは、あの織田信長! 幼いころ、信長と一緒に過ごした時の忌まわしい記憶が、元康の脳裏によみがえる。織田軍に包囲される中、家族が待つ駿河に戻るか、故郷の三河へ進むか、それとも籠城か。

どうする家康!

この決断が、ピンチとガマンの連続、
壮絶な家康の人生の幕開けだった。

大河ドラマ「どうする家康」

【放送予定】2023年1月~12月

【作】古沢良太

【制作統括】磯 智明

【演出統括】加藤 拓

【公式Twitter】@nhk_ieyasu ※NHKサイトを離れます

関連記事

その他の注目記事