ギャグを封印!パンサー尾形が数学の難問を“ガチ”で解説!

笑わない数学

7月13日(水)放送スタート!(全12回)
毎週水曜[総合]後11:00〜11:30

▶︎ 番組ホームページ

パンサー尾形貴弘が難解な数学の世界を大真面目に解説する異色の知的エンターテインメント番組!

「リーマン予想」「フェルマーの最終定理」「連続体仮説」「四色問題」「ガロア理論」「abc 予想」「確率論」「P対NP問題」「カオス理論」「ポアンカレ予想」「暗号理論」「虚数」…。

天才数学者をも苦しめてきた数々の難問、そして美しくも不思議な知の世界を、1回30分1テーマでわかりやすく掘り下げます。ギャグ封印で、数学に取り組む尾形さんの姿とは?

出演するパンサー尾形さんに、「オファーがあったときの心境」や、「番組の魅力」などを聞きました。

尾形貴弘さんインタビュー

──オファーがあったときの心境を教えてください。

尾形貴弘(以下、尾形):びっくりですよ! またドッキリ企画でだまされていると思いましたね。でも、収録の数日前にはちゃんと勉強会もあって、何度も収録しましたし、ネタばらしが来ないので、「これは、マジなんだな」と。

数学史上最大のミステリーにも挑戦!?

──これまでにBSプレミアムで放送がありましたが、反響はありましたか?

尾形:僕のレギュラー番組ということで、地元の父ちゃんや母ちゃんが喜んでくれましたね。
僕が解説することで、「数学がとっつきやすい」なんて声もいただいたみたいで。数学を全く勉強してこなかったので、そんな僕だからこそわからないところがわかるというか、わかりやすく伝えることもできるのかなと思いますね。CGを使ったり工夫もされていて、面白く入っていける番組です。

CGを背景に解説

──難しい専門用語もいっぱい出てきますが。

尾形:そうなんですよ! 使ったことのない言葉が、たくさん出てくるから、本当に大変ですよ! それでも数学に興味が持てるのは、数学者のマニアっぷりというか、熱意がすごいんですよね。
この番組では数学理論はもちろん、学校では教えてくれなかった、数式が成立するまでの歴史も教えてくれるんです。数学者たちがお金のためではなく、自己満足のために何年も費やしていて。そういった数学者たちの苦労の物語を、ホントみなさんに知ってほしいですわ。僕自身も彼らの生きざまに触れて、芸人としてはまだまだだな、もっと突き詰めないといけないなと感じましたね。

──番組タイトルが「笑わない数学」ということで、番組ではギャグが封印されてしまいました。

尾形:笑かそうとしていないんですけど、僕があまりにも真面目にやっているので、それが逆に面白いと言ってくれる人もいるみたいで。
番組のラストには、番組スタッフさんとふざけるというか、感想を聞かれて、一言リアクションをする時間もあって。ずっと真面目に収録しているので、その瞬間はホッとしますかね。そういった時間を作ってくれて、本当ありがたいです。

数学理論をわかりやすく、体当たりで表現

──番組スタッフの“はまちゃん”と問題を解く場面もありますね。

尾形:はまちゃんね! ノリが良くて、すごく親しみやすい女性なんですよね。結構強気なところもあって。僕らのやりとりも楽しみにしてくれたらうれしいですね。

尾形さんの間違いをズバリ指摘する“はまちゃん”(左)

──この番組に出演して変化はありましたか?

尾形:数学のことが少しずつ分かってきた感じはしますかね。
僕、子どもがいるので、この番組をきっかけに教えられるかもと思うと、もっと勉強したいという気持ちが湧きましたね。「虚数」とかうちの子に教えたいですよ! まだ4歳ですけどね(笑)。

──最後に番組の魅力をお願いします!

尾形:僕は、数学の基礎は何もないですし、好きじゃなかったんです。でも、この番組には自分が興味をそそられる部分があるんですよね。「数学」とひと言で言いますけど、いろんな分野がありますから。是非みなさんもこの番組を見て、興味が持てる部分を探して、好きなところから数学に入ってくれれば、もっともっと数学が好きになれると思います。僕はもう好きになりましたから。

ギャグを封印された尾形さんの解説は、数学の深遠な世界への入り口!? 尾形さんの大真面目な語り口とともに、数学の魅力を堪能しましょう!

「笑わない数学」

【放送予定】
7月13日(水)放送スタート!(全12回)
毎週水曜[総合]後11:00〜11:30

▶︎ 番組ホームページ

関連記事

その他の注目記事