大河ドラマ「べらぼう」新たな出演者のコメントを動画でお届け!

大河ドラマ べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~

2025年放送予定の大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺つたじゅうえいがのゆめばなし~」
主人公・蔦屋重三郎つたやじゅうざぶろう(横浜流星)の人生に大きな影響を与える4人の新たな出演者を発表!
会見の様子を動画でご紹介します。

会見出席者

主人公・蔦屋重三郎 役 横浜流星

<新たに発表された出演者の皆さん>
田沼意次たぬまおきつぐ 役 渡辺 謙
喜多川歌麿きたがわうたまろ 役 染谷将太
田沼意知たぬまおきとも 役 宮沢氷魚
鱗形屋孫兵衛うろこがたやまごべえ 役 片岡愛之助

▶︎ 役柄紹介はこちら

横浜流星さんコメント

渡辺 謙さんコメント

染谷将太さんコメント

宮沢氷魚さんコメント

片岡愛之助さんコメント

物語

蔦屋重三郎(1750-1797)

18世紀半ば、人口は100万を超え、天下泰平の中、世界有数の大都市へと発展した江戸。蔦重こと蔦屋重三郎は、江戸郊外の吉原の貧しい庶民の子に生まれ、幼くして両親と生き別れ、引手茶屋ひきてぢゃやの養子となる。血のつながりをこえた人のつながりの中で育まれた蔦重は、貸本屋から身を興して、その後、書籍の編集・出版業をはじめる。
折しも、時の権力者・田沼意次が創り出した自由な空気の中、江戸文化が花開き、平賀源内など多彩な文人が輩出。蔦重は、朋誠堂喜三二ほうせいどうきさんじなどの文化人たちと交流を重ね、「黄表紙本」という挿絵をふんだんにつかった書籍でヒット作を次々と連発。33歳で「江戸のシリコンバレー」こと、日本橋通油町とおりあぶらちょうに店を構えることになり、“江戸の出版王”へと成り上がっていく。
蔦重が見いだした才能は、喜多川歌麿・山東京伝、葛飾北斎、曲亭馬琴、十返舎一九といった若き個性豊かな才能たち。その多くは、のちの巨匠となり日本文化の礎となっていく。
しかし時世は移り変わり、田沼意次は失脚。代わりに台頭した松平定信による寛政の改革では、蔦重の自由さと政治風刺は問題になり、財産の半分を没収される処罰を受ける。周囲では江戸追放や死に追いやられるものもあらわれる…蔦重は、その後も幕府からの執拗しつような弾圧を受け続けるが、反権力を貫き通し、筆の力で戦い続ける。そんな中、蔦重の体を病魔が襲う。
命の限りが迫る中、蔦重は決して奪われない壮大なエンターテインメント「写楽」を仕掛けるのだった…。

大河ドラマ
「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺つたじゅうえいがのゆめばなし〜」

【放送予定】2025年1月~

【作】森下佳子

【主演】横浜流星(蔦屋重三郎 役)

【スタッフ】
制作統括:藤並英樹 プロデューサー:石村将太、松田恭典 演出:大原 拓、深川貴志

【公式X(旧Twitter)アカウント】@berabou_nhk ※NHKサイトを離れます

関連記事

その他の注目記事