特別展「本阿弥光悦の大宇宙」関連番組の紹介

本阿弥光悦(ほんあみこうえつ・1558~1637)は戦乱の時代に生き、さまざまな造形にかかわり、革新的で傑出した品々を生み出しました。それらは後代の日本文化に大きな影響を与えています。しかし光悦の世界は大宇宙(マクロコスモス)のごとく深えんで、その全体像をたどることは容易ではありません。

そこでこの展覧会では、光悦自身の手による書や作陶さくとうにあらわれた内面世界と、同じ信仰のもとに参集した工匠たちがかかわったまき絵など同時代の社会状況に応答した造形とを結び付ける糸として、本阿弥家の信仰とともに、当時の法華町衆ほっけまちしゅうの社会についても注目します。造形の世界の最新研究と信仰のあり様とを照らしあわせることで、総合的に光悦を見通そうとするものです。

「一生涯へつらい候事至てきらひの人」で「異風者」(『本阿弥行状記』)といわれた光悦が、あつい信仰のもと確固とした精神に裏打ちされた美意識によって作り上げた諸芸の優品の数々は、現代において私たちの目にどのように映るのか、本展を通じて紹介いたします。

 特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

会期:2024年1月16日(火)~3月10日(日)
※会期中、一部作品の展示替えを行います。

会場:東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)

開館時間:午前9:30~午後5:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日:月曜日、2月13日(火)
※ただし、2月12日(月・休)は開館

主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、東京新聞

問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル/午前9時~午後8時、年中無休)

≫詳しくはこちら
※クリックするとNHKサイトを離れます

 8K×CGで体感する文化財

NHKでは、東京国立博物館、文化財活用センターと共同で、文化財を最新テクノロジーで超高精細の3DCGにする「8K文化財プロジェクト」に取り組んでいます。

8K映像技術や最先端のスキャナー、フォトグラメトリ技術を駆使して制作された超高精細の3DCG「8K文化財」は、展示室での鑑賞では気づくことができなかった作品の魅力を私たちに伝えてくれます。

※こちらの映像はハイビジョン画質であり、8K画質ではありません。

 関連番組情報

謎解き!ヒミツの至宝さん 驚きずくめの国宝 舟橋蒔絵硯箱

謎解き!ヒミツの至宝さん

【放送予定】
2月24日(土)午後3:05~3:50
3月5日(火)午前1:00~1:45

<初回放送> 1月28日(日)BS8K

▶ 番組ホームページ

日曜美術館

日曜美術館

【放送予定】
2月18日(日)午前9:00~9:45
2月25日(日)午後8:00~8:45

▶ 番組ホームページ

びじゅチューン!
「鶴下ウェイ」

びじゅチューン!「鶴下ウェイ」

【放送予定】
1月16日(火)午後5:30~5:35
1月19日(金)午後11:50~11:55

▶ 番組ホームページ

歴史探偵
謎の芸術家 本阿弥光悦

歴史探偵 謎の芸術家 本阿弥光悦

【放送予定】
2月7日(水)午後10:00~10:45
2月14日(水)午後4:15~5:00

▶ 番組ホームページ

関連番組情報、ぞくぞく公開します。

その他の注目記事