VR世界で芽生えた中年男性の初恋を描く
主演・野間口 徹インタビュー

夜ドラ「VRおじさんの初恋」

4月1日(月)スタート
毎週月曜~木曜[総合]午後10:45~11:00〈全32話〉

▶ 番組ホームページ

放送から1週間は見逃し配信をします(NHKプラス)

夜の15分で楽しめる「夜ドラ」。4月1日(月)からは、中年男性の孤独を、現実とバーチャル世界を行き来しながら描く新感覚ラブストーリー「VRおじさんの初恋」をお届けします!

原作は、暴力とも子さんによる同名の漫画。脚本は、2022年に「ケの日のケケケ」で第47回創作テレビドラマ大賞の大賞を受賞した、森野マッシュさんが手がけます。

「現実世界」と「バーチャル世界」の2つの世界がそれぞれ影響しあい、今までとは違う人生を見つけようとする主人公を描く、新しい形のヒューマンドラマです。

※VR=「Virtual Reality」の略。「仮想現実」とも呼ばれる。専用のゴーグルをつけ360°の映像を見ることで、その空間にいるような感覚を得られる。現在は、空間を移動したり、ものを動かしたり没入感の高い体験も可能で、世界中の人とコミュニケーションをとることもできる。

あらすじ

人生において成功体験と言えるものがない、中年の独身男性・遠藤直樹。年下の上司から生活態度について叱られ、大した実績を上げることもできない。そんな直樹の生きがいは、自分自身が少女の姿となり、VRの世界で過ごすこと。残り半年でサービスが終了する予定で、過疎化の一途をたどるVRゲーム「トワイライト」の終えんを見届けようとしていた。寂しい場所で、1人で過ごす時間が直樹には癒やしだった。そんなある日、天真爛漫らんまんな美少女アバター「ホナミ」と出会い、恋に落ちてしまう。現実でも人づきあいが苦手な直樹(=ナオキ)は、戸惑いを覚えつつもホナミと過ごす中で次第に心ひかれていく。
しかし突然、ホナミから「もうVR世界で会うことはできない」と別れを告げられる。その真意とは? そして、直樹の初恋の行方は──?

今回は、主人公の中年男性・直樹を演じる野間口 徹さんにインタビュー。役柄についてや、演じる難しさなどを伺いました。

自分に似ているからこそ
難しい役だった

今回僕が演じた直樹という役は、実はとても難しかったです。というのも、今までやったどの役よりも自分に近い考え方の人間だったからです。

台本にもありますが、直樹は、コミュニケーション能力が低いくせに人の顔色を伺ったり、何か約束事をした日が近づいてくると憂鬱ゆううつになったり、人と関わりを持ちたくないくせにコミュニケーション能力が高い人を見ると嫉妬してしまったり、これまで僕も抱いていた“恥ずかしくて言えなかった内面“が各所にちりばめられているんですね。

でもあくまでもこのドラマに登場するのは、「直樹」というキャラクターです。まずは自分自身を隠すフィルターを作りました。その上に直樹のフィルター、そして関わる人物とのフィルターと、何重にもかさねながら直樹という人物像を作り上げていきました。それでもやはり自分と近いところが出てしまったら、監督やカメラマン、現場のさまざまな人たちに修正してもらいながら演じました。

直樹(ナオキ)を演じるうえで
たくさん話し合いをした

現実世界でも、VRの中でも、直樹(ナオキ)は人とコミュニケーションをとらず拒絶してしまいます。そんな中、たまたまホナミというアバターと出会って、心の扉が開かれていくんですね。

直樹のアバター役の倉沢杏菜さん、ホナミのアバター役の井桁弘恵さんとは、クランクインの前に台本の読み合わせをする機会がありました。監督の要望や僕のやりたいことにすぐ反応してくださって、お2人ともすごくクレバーな俳優さんだなと思いました。

直樹のアバター役の倉沢杏菜さん(左)(上)、ホナミのアバター役の井桁弘恵さん

特に倉沢さんとは、姿は違いますが直樹(ナオキ)として同じ人物を演じるので、意識の統一が必要だと思い、性格や感情をすり合わせるため何度も話し合いをさせていただきました。

また、話数が進むにつれ、ホナミの“中の人”が分かっていきます。初恋というエモーショナルな感情があるからこそ動いていく物語を楽しんでいただけたらいいなと思います。

「サラリーマンNEO」の
監督だったからこそ

監督(演出)は、2008年の「サラリーマンNEO Season3」(サラリーマンの社会をコント風に描いた番組)に出演させていただいたころからお世話になっている、吉田照幸さんです。吉田監督は、いつも僕に何かしらの課題を持たせてくれるんです。やったことのないものに挑戦させてくれるといいますか。

その中で、疑問が生まれた際のレスポンスの早さもすごく好きで、ほぼ迷いなく答えをくださるんですね。吉田監督に預ければ全て導いてくれるだろうという気持ちで、難しい役柄ながらも今回のオファーをお受けしました。

監督やスタッフの皆さんと一緒に、現実とバーチャル空間を行き来する中年男性・直樹の気持ちに丁寧に寄り添っていけたらと思います。皆さんどうぞお楽しみに。

その他の注目記事