福士蒼汰、明治時代にレザーベスト?
    内田理央はミロのヴィーナス?

    BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」

    12月11日(金)放送スタート(全8回)
    毎週金曜[BSプレミアム・BS4K]後8:00~8:43
    ▶︎ 番組ホームページ

    12月11日(金)に放送スタートする、BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」。
    文明開化に沸く東京を舞台に、明治版シャーロックホームズが大活躍! 明治に入り乱れる人間の愛憎に迫る新型サスペンス時代劇です。

    主人公・結城ゆうき新十郎しんじゅうろうを演じる福士蒼汰さんと、新十郎のことを慕う超お嬢様・加納かのう梨江りえを演じる内田理央さんにドラマの注目ポイントを聞きました。詳しくは動画で!

    BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」

    【放送予定】
    12月11日(金)放送スタート(全8回)
    毎週金曜[BSプレミアム・BS4K]後8:00~8:43

    【あらすじ】
    明治初期。世が文明開化に色めきたつころ、時代が大きく変貌を遂げ、人の価値観も大きく変わり、時代の風に乗れたものと、時代に取り残されたものがハッキリと目に見えた時代に奇妙な事件が多発する。

    そこに現れるのは、警視庁からの信望厚い洋行帰りの特命探偵・結城ゆうき新十郎しんじゅうろう(福士蒼汰)。事件の真相をズバズバ指摘する。勝海舟(高橋克典)の元剣術の教え子で、難事件を推理することが大好きな泉山いずみやま虎之介とらのすけ(矢本悠馬)はいつも小バカにされ、師匠と慕う海舟の大頭脳と心眼を当てにして泣きついてくる。

    そんな二人&勝海舟の周りには、芸者出身で肝っ玉おっ母の勝海舟の妻・民(稲森いずみ)や、新十郎にほれ込む大政商せいしょうの娘・梨江りえ(内田理央)、戯作者の花迺屋はなのや因果いんが(中村靖日)、新十郎を煙たがる警視庁大警視・速水はやみ星玄せいげん(勝村政信)など個性的な人々が集まってくる。彼らに助けられながら、謎解きが進むにつれて立ち現れる、新しい明治の時代に人々が抱える不安や愛憎。そして新十郎、梨江、虎之介たちは、事件を通じて西郷さいごう隆盛たかもり(鶴見辰吾)、大久保おおくぼ利通としみち(篠井英介)など多くの時代の要人たちと渡り合い成長していく。

    【原作】坂口安吾『明治開化 安吾捕物帖』

    【脚本】小松江里子、伊藤靖朗

    【音楽】金子隆博

    【オーケストレーション】啼鵬

    【主題歌】ナオト・インティライミ「オモワクドオリ」

    【出演】
    福士蒼汰、内田理央、矢本悠馬 /
    勝村政信、中村靖日、篠井英介、鶴見辰吾、稲森いずみ、高橋克典 ほか

    【制作統括】内藤愼介、磯 智明

    【演出】笠浦友愛、本木一博、岡野宏信

    ▶︎ 番組ホームページ

    関連記事

    その他の注目記事