《2022年度 前期》連続テレビ小説
ヒロイン・黒島結菜 / 作・羽原大介

2022年度前期 連続テレビ小説「ちむどんどん」

大好きな人と、おいしいものを食べると、誰でも笑顔になる───

ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹たち。
“朝ドラ”第106作は個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く
笑って泣ける朗らかな、50年の物語

2022年は、沖縄本土復帰50年。
復帰以来、多くの沖縄の若者たちが、本土へと仕事や夢を追いかけて渡っていった。
家族と別れ、食べ慣れた郷土の料理を思い──。
コロナ禍に見舞われ、かつてなく“孤独・孤立”が問われる今の時代にこそ
遠く離れ、会えなくても、心はつながって支えあう
美しい家族と、ふるさとの物語を全国にお届けします。
羽原大介さんの脚本によるオリジナル作品です。

復帰前の沖縄「やんばる地方」で生まれ育ち、復帰とともに東京で働き始めるヒロイン。遠く離れても家族の絆に励まされながら、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見いだし、やがて沖縄料理の店を開くことに。

ヒロインは、四人兄妹の次女で、兄、姉、妹がいる。四人はそれぞれに異なる道を歩み、気持ちが離れるときも訪れます。それでもふるさと・沖縄の味が、思い出が、四人の心をつなぐ。困難や挫折に見舞われ、誰かが心折れそうなときには、互いに身を削り、支え合っていきます。

時代を超えどんな逆境の中でも、世界でいちばん美しいもの──それは家族です。傷つきながら、励まし合いながら大人への階段をのぼっていく四兄妹のドラマはきっと、今を生きるすべての家族の物語です。

ヒロイン・比嘉ひが暢子のぶこ
黒島くろしま結菜ゆいな

プロフィール
1997年3月15日生まれ。沖縄県出身。2013年『ひまわり~沖縄は忘れないあの日の空を~』で映画初出演。14年「アオイホノオ」(テレビ東京)で連続ドラマ初出演。15年『虹とマーブル』で初舞台。19年にヒロインを演じた映画『カツベン!』で、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。ドラマ、映画、CM、舞台など多方面にわたり活躍。NHKでは、14年連続テレビ小説「マッサン」、15年大河ドラマ「花燃ゆ」、16年「夏目漱石の妻」、17年「アシガール」、19年大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピックばなし〜」、20年連続テレビ小説「スカーレット」ほか。存在感と際だった演技力で、いま最も注目される俳優のひとりである。

<役柄:比嘉ひが暢子のぶこ

沖縄本島北部、「やんばる地方」のひなびた村の農家に生まれ育つ。四人兄妹の次女で、兄、姉、妹がいる。幼いころからのんきでマイペースだが、いさぎよくまっすぐで喜怒哀楽のはっきりした性格。運動が大の得意。食べること、おいしいものをこよなく愛している。小学生のころに父を亡くし、働く母を支えるために一家の「料理担当」に。一度だけ食べた西洋料理のきらびやかな魅力にとりつかれ、やがて料理人を目指して東京へと旅立っていく。

◆タイトル「ちむどんどん」とは

沖縄のことばでチム(肝=心胸・心)が高鳴る様子。沖縄では若者たちまで知っている有名なことば。前むきで肯定感に満ちた、わくわく感、という意味合い。

※使用例「ちむどんどんする!」 ヒロインがさまざまな「ちむどんどん」を経て成長していくイメージを託します。

◆執筆にあたって 作者 羽原はばら大介だいすけ

前回(連続テレビ小説「マッサン」)が北海道、今回が沖縄、日本最北端と最南端の朝ドラを担当させていただくことになりました。前回はウイスキー、今回は沖縄料理です。

沖縄の『復帰50年』と言われた時は身構えたけど、1972年前後の沖縄を改めて学び、取材を重ねるうちに、プレッシャーはモチベーションへと変わりました。いつの時代、どこにいても、人々がその環境で精いっぱい生きる姿は同じと思えたからです。

このドラマが放送されるころ、世の中がどうなっているか全く予想できません。けれどたとえどんな激動の時代でも、人は食べ、学び、働き、遊び、恋をして、夢を見て、挫折して、じたばたもがき、明るい明日を信じて眠ります。

毎朝ドラマを見て下さる皆さんが、『今はちょっとしんどくても、コツコツやってれば明日はきっといい日になる』、そう思ってもらえる物語を、信頼するスタッフや出演者の皆さんとともに、じたばたと紡いでいければと思っています。

プロフィール
1964年生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。芸能プロダクションのマネージャーを経て演出家つかこうへいに師事。2006年『パッチギ!』、2007年『フラガール』で2年連続日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞。NHKでは「母さんへ」(2009)、「見知らぬわが町」(2010)、「オヤジバトル!」(2011)、「とんび」(2012)、「かすてぃら」(2013)、「そんじょそこら商店街」(2014)、連続テレビ小説「マッサン」(2014~15)、「昭和元禄落語心中」(2018)、「こもりびと」(2020)などを執筆。

◆出演にあたって 語り ジョン・カビラ

「でーじ、やっさぁ!」(WOW!)来春スタート『ちむどんどん』の「語り」をとのお申し出をいただいた瞬間の、心の声です。
来年2022年は沖縄返還50周年。その特別な年に激動の1960年代の沖縄本島北部・「やんばる」から始まる夢追い物語に声で寄り添えるのは大変光栄です。心からうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。
1972年復帰の年に東京に移住したウチナーンチュの私、実は自分の歴史とも「奇跡のシンクロ」なんです。当時は声の仕事に就くなんて想像もしておりませんでしたが、東京への夢と不安は大きなものでした。
「ちむどんどん」では脚本、演出、そして演じる皆さんをアシストできるような語りをお届けすべく、精いっぱい努めさせていただきます!

プロフィール
1958年沖縄県出身。国際基督教大学卒業後レコード会社勤務を経て、88年J-WAVE 開局時よりナビゲーターとして出演。スポーツ番組、音楽、情報番組などのMCとしても活躍。2004年第42回ギャラクシー賞「DJパーソナリティー賞」、2009年第47回ギャラクシー賞「ラジオ部門大賞」、2011年第6回日本放送文化大賞「ラジオ部門準グランプリ」受賞。2020年には企画から参画したラジオ番組「GENERATION TO GENERATION~STORIES OF OKINAWA」で第57回ギャラクシー賞「ラジオ部門大賞」、日本民間放送連盟賞「ラジオ教養番組部門最優秀賞」を受賞した。2003~06年、08~10年「英語でしゃべらナイト」(NHK)、2011年~2017年「サキどり↑」(NHK)、15年~「この差って何ですか?」(TBS)など。

◆制作にあたって 制作統括 小林大児

20代のころ、NHK沖縄放送局に勤め、4年間沖縄県民でした。職場からは海が見え、沖縄そばを食べて暮らす、それが日常でした。2001年の連続テレビ小説「ちゅらさん」で初めてドラマ制作の仕事に携わり、今回は制作統括として。沖縄には不思議な「縁」を感じています。沖縄の、そして全国の皆さんに、毎朝ヒロインとその家族の姿に笑って泣いて楽しんでいただきたいです。

ヒロインを演じるのは、黒島結菜さん。透明感に、りりしさ、たくましさを併せ持ち、シリアスもコミカルも表現できるすばらしい俳優さんです。沖縄出身でもある黒島さんのほかにヒロインは考えられませんでした。

四兄妹の物語ということで、『若草物語』や『細雪』といった過去の名作にも刺激を受けてリスペクトを払いつつ、誰もがかつて、うれしいときも悲しいときも、誰かとともに食べて生きてきたということ、おいしいものを大好きな人と食べると笑顔になれるということ。そんな当たり前の、足元に秘められている豊かな泉を感じていただけるとうれしいです。

◆制作にあたって 演出 木村隆文

私ごとで恐縮ですが、小学生の時、父親の転勤で那覇市に1年間住んでおりました。本土に復帰して間もないころで、まだ車は右側通行でした。言葉、食べ物、風景などすべてが珍しく、子供心にとても「ちむどんどん」したことを鮮明に覚えています。クラスにいわゆる「ヤマトンチュー」は自分ひとり。同級生たちに囲まれ質問攻めにあいました。そう、そこでは私の方が珍しい存在だったのです。それから50年弱、沖縄には何度か旅行に行きました。すっかり変わった町並みもあれば、今でも変わらず守り続ける文化もたくさんあり、食べ物もそのひとつ。このドラマには、たくさんの沖縄料理が登場します。沖縄出身の黒島結菜さんとともに、料理をはじめ沖縄の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。

◆物語

1960年代。まだ沖縄はアメリカ軍の統治下にありました。沖縄本島北部は、「やんばる地方」と呼ばれ、豊かな自然や山林の多い地域。その「やんばる」の、とあるひなびた村に、サトウキビなどの農家を営む比嘉ひが家が暮らしていました。父と母はふたりで一生懸命働き、家計を支えています。長男、長女、次女、三女の四人の子供たちは、それぞれに個性豊か。けんかしながらも仲良く育っています。ヒロインは次女の暢子のぶこ。家族でいちばん、食べることが大好きで、おいしいものが大好き。野に山に海に、小学生の暢子にとって「遊ぶ」といえば、「何かを採って食べること」。そして、一度だけ家族そろって町のレストランで食事をしたときに、暢子は生まれて初めての西洋料理にこころ奪われました。

やがて一家をつらい運命が襲います。優しい父が急逝。残された母は女手一つで働き、経済的に苦しい中で四人の子供たちを育てます。働く母を支えるために子供たちはそれぞれに家事を担当。暢子は料理を担います。月日は流れ、高校卒業を迎えた暢子は、「東京に行きたい。西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱きます。折しも1972年、沖縄の本土復帰の年。暢子は家族や兄妹のサポートを得て東京に渡り、念願の有名レストランの厨房で修業をはじめます。職場は東京ですが、下宿先は神奈川県横浜市の鶴見。京浜工業地帯が近い鶴見は、戦前から、働くために海を渡ってきた多くの沖縄出身者が移り住んだ町でした。

暢子は厨房で厳しい修業の歳月を送り、兄妹たちもそれぞれの道を歩み出します。気持ちがすれ違うこともありますが、昔から共に食べてきたふるさとの料理、そして家族の思い出が兄妹の絆をつなぎ、互いに支え合いながら大人になっていきます。

そして暢子はさまざまな人とふれあい、恋をして、料理人として成長するなかで、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と感じ始める…。

2022年度前期
連続テレビ小説「ちむどんどん」

【放送予定】2022年 春

【作】羽原大介

【語り】ジョン・カビラ

【沖縄ことば指導】藤木勇人

【フードコーディネート】吉岡秀治、吉岡知子

【制作統括】小林大児、藤並英樹

【プロデューサー】松田恭典

【展開プロデューサー】川口俊介

【演出】木村隆文、松園武大、中野亮平 ほか


◆NHKプラスについて

今回の2022年度前期 連続テレビ小説「ちむどんどん」は、3月3日(水)の「あさイチ」のなかで制作発表しました。見逃した方、もう一度ご覧いただきたい方はNHKプラスをご利用ください。

その他の注目記事