スケジュール

松たか子

SONGSスペシャル松たか子~20年をつなぐもの~

総合 12月16日(土)午後10:30 ~ 午後11:14

今年、歌手デビュー20周年を迎えた、松たか子が『SONGS』初出演。
『わろてんか』主題歌『明日はどこから』、デビュー曲『明日、春が来たら』披露。
“従姉妹のような関係”!? 今、最も注目の俳優・高橋一生との初対談も実現!

女優として幅広い活躍をする中、1997年3月に『明日、春が来たら』で歌手デビューを果たした、松たか子。
今年でデビュー20周年を迎え、NHK連続テレビ小説『わろてんか』への主題歌提供や18年ぶりの『NHK紅白歌合戦』出演など、再び歌手としての活動を本格化させている。

そんな彼女が『SONGSスペシャル』に出演する。番組では『わろてんか』主題歌『明日はどこから』のほか、初出演の『NHK紅白歌合戦』でも歌ったデビュー曲『明日、春が来たら』、そして松が、ずっと憧れているというバラードのカバーなども披露する。
また番組には、今年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』小野但馬守政次役で大きな注目を集め、現在は『わろてんか』にも出演中の俳優・高橋一生が登場。松と初めての対談を行う。
「従姉妹同士みたいな感覚」という2人は今年初めに連続ドラマで共演。
対談では2人が影響を受けてきた音楽遍歴から、松がカラオケボックスで目撃した高橋の意外な姿、そして松と2歳になる子供との微笑ましいエピソードまで。2人の懐かしい映像も流れるなど、収録が1時間半を超える大盛り上がりのトークとなった。

女優として、歌手として、そして母として迎えた、松たか子の歌手デビュー20周年。

20年の歴史が詰まった楽曲のスタジオパフォーマンスと高橋一生との音楽談義を中心に、松たか子の今を切り取る特別版『SONGS』。お見逃しなく!

(出演) 松たか子/高橋一生

写真
写真
写真

さだまさし

第446回さだまさし~長いけどすごい歌、集めました~

総合 1月4日(木)午後10:50 ~ 午後11:15

デビュー45周年を振り返るスペシャルライブ
さだらしさ全開の(?)特別企画を2回にわたってお送りする!

今年10月にデビュー45周年イヤーに突入したさだまさし。これまでに発表した曲は567曲。コンサートは4260回以上。名実ともに日本を代表するシンガーソングライターとして、第一線を走り続けている。

そこで今回SONGSでは、45周年を振り返るスペシャルライブを企画。11月と1月の、計2本の放送で、さだまさしの魅力をたっぷりと描く。

まず11月30日のオンエアは「ああ、いわれなき炎上の45年」と題し、さだまさしの“炎上史”にフォーカスをあてる。実はさだまさしには、デビュー当初、「ネクラ」「マザコン」「軟弱」「女性蔑視」「戦争賛美」など、楽曲本来の趣旨とは異なるとらえ方で批判され、いわれなき炎上を経験した悲しい過去がある。
強いテーマ性で聴く人を突き刺すがゆえ、ヒットしながらも世間の批判を痛烈に浴びてきた。「最後まで聴けばわかってもらえるはずだった・・・」など、炎上した当時の状況を、なんと自分で振り返り、さらにその“炎上曲”を歌うという、さだならではの挑戦的企画だ。人気イラストレーターの五月女ケイ子が描いた「さだの炎上絵画」をもとに解説しつつ、最大の炎上曲「関白宣言」に加え、さだを支えたファンとの絆をあらわす歌「主人公」、そして今年の最新アルバムから「いにしへ」の3曲をスタジオライブで披露する。

さらに来年1月4日には「さだまさし 長いけどすごい歌、集めました」と題して2本目をお送りする。さだまさしのもうひとつの特徴は、本人も認めるとおり「曲が長い」ということ。まるで映画のようなストーリー性のある名曲がたくさんあるが、これまでテレビではなかなか放送できないでいた。今回は、12分半におよぶ大作「親父の一番長い日」をはじめ「長いけどすごい歌」を特集し、さだまさしの歌の物語をたっぷり堪能していただく。