食材リスト

2018年12月09日 放送 太陽の恵みで甘くなる!「サンふじ」 (長野・飯綱町)

長野県の「サンふじ」は、蜜が入りやすく、豊かな甘さが魅力です。「サンふじ」をまんべんなく日光に当てるために、りんごを回して日陰側にも光を当てる「玉回し」という作業を行っていました。タレントの松井絵里奈さんがりんご畑を訪ね、おいしさの秘密に迫りました。さらに農家だからこそ知っている「サンふじ」を使った絶品の家庭料理を頂きました。

うまいッ!のヒミツ

  • りんごの赤色は日光で作られるアントシアニンという色素。そのため、赤くなっている部分は太陽を十分に浴びた証拠です。まんべんなく日光に当てるために、片側が赤くなったら、今度は日陰側が日光に当たるように回す「玉回し」という作業をしていました。

  • りんごの蜜は、木で完熟させることで入ります。完熟するとりんごの下側が黄色くなります。黄色くなったら収穫のサインです。長野県は東北の産地に比べて、降雪などによる冷害の心配が少なく、完熟まで樹で育てられるため、蜜入りが多く収穫できるそうです。

食材ハンター

松井絵里奈(タレント)

初めてりんごを作っている畑を見ました!太陽に当てるために、ひとつひとつりんごを玉回しする農家さんの姿が印象的でした。身近な存在だったりんごの奥深さに驚かされました。

西川典孝アナウンサー(長野局)

果物の生産が盛んな長野県。そのなかでも「りんご」は、長野を代表する果物です。県民のソウルフードと呼べるりんごは、農家や生産者の様々な知恵と工夫で作られています。

生産者

外谷淳弥さん

栽培歴20年。りんご農家の4代目です。

専門家・ゲスト

KAORUさん

長野県飯綱町出身の野菜・果物研究家。栄養面や調理方法などを研究し、全国に長野県の野菜や果物の良さを発信しています。

お問い合わせ情報

番組で紹介したりんご「サンふじ」については
NHKふれあいセンターまで
電話:0570-066-066
 
IP電話等のお客様で上記のナビダイヤルがご利用になれない場合には
電話:050-3786-5000へおかけください。  

ごちそうレシピ

りんごの春巻き、おこわ